2019年09月23日

アマチュア無線(愛・地球博記念コンテスト2019)

毎年秋分の日にやっていて,XPO記念とセットのような位置付けのコンテスト。JARLやDXの大規模コンテストのような忙しない感じがなくて,雰囲気が良いのでだいたい毎年参加している。昨年はドローン検定受験とバッティングしたために不参加だった。

今年も用事があったので,短時間だけの参加だったけれど,趣向を変えて7MHzの釣り竿アンテナを使ってみることに。

IMG_7306_w560.JPG

U/Vだととにかく高いところに登らないと聞こえない/飛ばないけれど,HFだと見晴らしはそれほど重要ではないみたい。

ということで,人が少ない穴場の公園の東屋で,釣り竿アンテナを立てた。フィールドデーコンテストのときは,受信は良いけれど飛びがイマイチで,ローカルのOMさんから,「カウンターポイズを増やすと良くなる」とアドバイスを頂いたので,今回事前にカウンターポイズを作っておいて,5本に増やした。

IMG_7300_w560.JPG

アンテナが良くなったからか,今回は飛びもけっこう良くて,1,2,3,5エリアと次々と交信できた。これなら7MHzの移動運用が充分楽しめそう。1時間で12局と交信。

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
7MHz 12 6 12
----------------------------------------
Score 12 x 6 = 72
マルチ: 茨城,愛知,三重,大阪,兵庫,鹿児島


先日のXPO記念と今回は,かんなさんのパドルとメモリキーヤーをお借りした。パドルはGHDキーとCQオームコラボのCW-ONE-jr。メモリキーヤーはアサップシステムのAS-KEYER2

CW-ONE-jrはコンパクトな割に,打鍵感や安定性が優れていてとても良い感じ。私も欲しくなってしまった。

一方AS-KEYER2はメモリーが2つと少ないのはまあ良いとして,30秒無操作でスリープモードに入って電池を節約してくれるんだけど,これがちょっと曲者。「さあ呼ぶぞ」とJの短点を打つと,スリープからの復帰のために一瞬遅れがあって,「あれ?打鍵ミス?接点不良?」と焦ってしまう。観察していると遅れはするものの短点はちゃんと送出されているみたい。しかしこの一瞬で打鍵ミスと判断して送出をやめたり,最初から打ち直してしまうことが何度もあった。電池が長持ちするのはありがたいけれど,この一瞬の遅れはかなり不快。せめてスリープを解除する別ボタンを設けるとかしてほしかった。

IMG_7303_w560.JPG

【参考リンク】
過去の愛・地球博記念コンテストの様子:2018年(不参加),2017年2016年2015年2014年2013年2012年

posted by ソウヘイ at 21:22| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: