2019年11月24日

アマチュア無線(CQ WW DX CWコンテスト2019)

参加は7回目かな。昨年はいろいろと外出する用事と重なって不参加だったので2年ぶり。東京UHFコンテストと重なってしまった。あいにくの悪天候だったので移動運用は見合わせて,自宅でWW CWだけ参加。

設備は最近のDXコンテストでは毎回同じFT-100Dとベランダに仮設したモービルホイップ(14MHz)。コンディションの悪さもあるんだろうけれど,受信はまあまあなので,カウンターポイズをもっと増やしたら多少マシになるかもしれない。そのうち試してみたい。

21MHzのモービルホイップも以前は普通にSWRが下がって使えていたのに,今は同じ長さでもHi-SWRで使えず。こういうときはアンテナアナライザが欲しくなる。

ということで14MHz一本で,初日の11時頃から参加。強く入っている局で,CQが空振りしている状態なら応答率3割くらいかな,という感触。応答があっても一発でコールサインをコピーしてもらえることはほとんどなくて,3回,4回と送ってようやくコピーしてもらえる感じ。

バンド内けっこうざわざわと聞こえるんだけど,そんなわけで交信できる局が限られるため,休憩しながら新たな強い局が出てくるのを待つ感じ。昼頃はアジア圏と極東ロシア,夕方には東欧が開けて,Zone16の壁がなかなか超えられなかったけれど,急に14のドイツが聞こえてきたので,なんとか交信できた。これが今回のハイライト。



2日目は朝のうちに北米と1局,出かけて帰宅してからロシアを2局追加して,なんとか合計20局と交信。ドイツはLoTWでまだcfmされていないので,cfmされたら嬉しいな。

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
14MHz 20 42 18
----------------------------------------
Total 42 18
Score 42 x 18 = 756
DXCC Multi 9: BY, DL, K, KH2, KH6, OK, UA, UA9, UR
Zone Multi 9: 3, 14, 15, 16, 18, 19, 24, 27, 31


【過去のCQ WW CWコンテストの様子】
2018年(不参加),2017年2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:37| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: