2019年12月04日

ミステリ読了 朽ちる散る落ちる

「朽ちる散る落ちる」(森博嗣)を再読了。Kindle版。

六人の超音波科学者で事件の舞台になった研究所が再び舞台となって、小鳥遊くんのちょっと切ない過去が垣間見えるお話。

この辺からシリーズ終了に向けて,今までの「楽しい4人組」のやりとりが少なくなっていく感じかな。

posted by ソウヘイ at 19:14| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: