2013年08月16日

映画鑑賞 パシフィック・リム

怪獣ロボット映画のパシフィック・リム(2D吹き替え版)を鑑賞。

公開後1週間ほどだったけれど,お盆休み期間中ということで60席ほどのスクリーンは満席だった。

素直に大変楽しめた。イェーガーの機構的なこととかそもそもカイジュウは物理打撃でダメージを与えられるのになんでロボットで殴る必要があるのかとか,いろいろツッコミどころはあると思うけれど,そういう部分も含めて非常に楽しめる映画だと思う。

どうしても先日読んだダイナミックフィギュア(ロボットのスケール感はほぼ一緒のはず)と比べてしまうけれど,なんだろう,こういう題材は難しいことを無理矢理理屈付けしようとしないでエンターテインメントに徹した方がいいんじゃなかろうか。

個人的には巨大ロボものは古いけど「トップをねらえ」がやっぱり好きで(あれもマスタースレーブで2人操縦),あのくらいのスカっと感があれば最高だった。ロボットや怪獣の重厚感を出すためには仕方がなかったと思うけれど,どうしても画面が暗めでドロドロぐちゃぐちゃした感じになってしまっていたし。

イェーガーの中ではロシアのチェルノ・アルファが好き。

リンク:映画パシフィック・リム公式サイト


posted by ソウヘイ at 18:01| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: