2013年10月14日

アマチュア無線その後(従免取得から2年経過&全市全郡コンテスト2回目)

3アマの国試を受けて従事者免許を取って2年が経った。ハンディ無線機のVX-7で局免許を申請してコールサインをもらい開局してからは間もなく2年になる(開局は11月9日)。

相変わらずアパマン&QRP(FT-817ND)なので細々とではあるが,ヘタなりにCWやJT65などで少しずつDX局とも交信している。

今年もJARL主催の主要コンテストには参加することができた。(QSOパーティーALL JAAll ASIAN DX(CW)6m and DownField Day,全市全郡)

2年目の1年間の交信数は,クラブ局の方とのロールコールなどを除いて348QSO。CWに限れば297QSO。複数回の交信を除いたユニーク局数は282局だった。DX局が64QSOあったのが1年目との大きな違い。LoTWのCFMは33局でこれはQRP局としてはなかなか嬉しい。

201210-201310

全市全郡コンテスト(規約)は最近電波のコンディションが今ひとつということもあって,車からモービルホイップでは厳しそうだったので,かんなさんの実家をお借りして7MHzの自作フルサイズダイポールアンテナを張ってCW呼び回りで参加した。

コンテストナンバーが市区郡の番号(4〜6桁)ということで,QSOパーティーと並んでナンバーのコピーが難しいコンテスト。1日目の21時からワッチをしてみたが,アンテナのSWRは1まで落ちているのにノイズが酷くてまたこちらの信号も飛ばない。JT65で遊んでいたせいで無線機が壊れたかと心配してしまった。結局6エリアと1交信だけして,アンテナも無線機も壊れているわけではないことを確認して就寝。

2日目は5時に起きてワッチを再開。幸いコンディションも徐々に回復して,聞こえている局にはほぼ応答がもらえるようになってきた。途中でクラブ局のEBミーティングと昼食を挟んで,正味5時間ほどの運用で,51局と交信できた。

昨年の動画を見ると,モービルホイップでも7MHzでけっこう強く入っていて,2時間で25交信だったということで,かなりコンディションが良かったのかもしれない。サイクル24(太陽活動)のピークはもう過ぎてしまったという話もあり,これからはどんどん厳しくなっていくのだろうか。QRPにはますます厳しい時代である。

ACAG2013

ACAG Ant.

【参考記事】
従免取得から1年経過
posted by ソウヘイ at 08:49| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: