2013年10月15日

アマチュア無線その後(コンテストの成績)

コンテストについては設備もプアだし,時間中ずっと張り付いてQSOするような気力も体力もないので,参加することに意義がある,という気持ちでスコアは気にせずに,でも参加した記念にログは提出するようにしている。

で,人の少ないコンテストで,しかもQRP部門などだと思いがけず入賞してしまったりすることがある。おそらく昔ならそんなことはなかったのだろうが,アマチュア無線人口がそれだけ減っているということなのだろう。

こちらはオール茨城コンテスト第2部(6m and down併設)のXP部門(オールバンドQRP)の3位入賞。この部門に参加した局は4局しかおらず,第4位はかんなさんだったというのがオチ。

オール茨城

さらに驚いたのはこちら。ある日家に帰ったら国際郵便が届いていて,何かと思ったらCW WPX CWコンテストの賞状だった。JAPAN 1st Placeということで,まさかの日本1位である。で,ログを見たらこのROOKIE Low-Power CW 15mの部門にエントリーしたのは,日本では私1局だけ,世界でも5局くらいしかいなかったというのがオチ。ナンバーワンじゃなくてオンリーワンだったわけだ。それでもこんな立派な賞状を送ってくださるのだからありがたいことだ。

CQ WPX TEST

それじゃあ昨年のCQ WW CWコンテストはどうだったのかと思ってResultを検索してみたら,日本の1エリアで6位と,こちらもなかなかの成績だった。pdfで証明書がダウンロードできるのも親切。JARLもこのくらいやったら良いのに。

CQWWCW2012

順位は気にしない,と言っても入賞して表彰されれば(たとえブービー賞だって)嬉しいものだ。これからコンディションは厳しくなるのかもしれないけれど,少しずつでもDXやコンテストの交信ができたら良いと思っている。
タグ:コンテスト
posted by ソウヘイ at 19:22| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: