2013年12月22日

MacBookProその後(3年経過とHDD交換)

MacBookPro15インチ(Mid2010; MC371J/A)を買って3年経った。OSはMavericks(OSX10.9)が出てすぐにアップデートした。

320GBのHDDの空き容量が100GBを切ってしまい,まだまだ使い続けることを考えると心許なくなってきた。ということで今後さらに2〜3年は働いてもらうために,HDDを大容量のものに交換することにした。

買ったのは1TB 7200rpm 32MB SATA 6.0Gb/sと,データ移行に使うUSBのHDDケース。T6のトルクスドライバーは以前何かのついでに買っておいた。

データ移行とHDD交換の手順はMacBook Pro ハードディスク(HDD)交換ガイドまとめを参考にさせて頂いた。要点だけ書いておくと,

(1)MacOSXのインストールDVDで起動(光学ドライブからの起動はC長押し)
(2)ディスクユーティリティーの復元機能で,復元元:旧内蔵HDD,復元先:新HDD(USB接続)で復元実行。
 220GBのデータ移行でだいたい4時間ほどかかった。夜実行して寝ている間に終了。
(3)MacBookProを分解して詰まっていた猫の毛を掃除して,HDDを交換。
(4)普通に起動。
(5)旧HDDはTimemachineバックアップ用にUSB接続で使用。

という感じ。まったくトラブるところはなく,あっけなく完了してしまった。全コピーによる移行なので,移行後にアプリをインストールし直したり,設定をする必要もない。交換する前とまったく同じようにすぐに使える。

しかし結局またSSDではなくHDDになってしまった。このMacBookProを買ったときの記事を読むと,

5年後のパソコンのスペックを予想するとどうなるだろう。CPUは物理8コア,メモリは16GB,HDDは滅びてSSDが1TBというところかな。


と書いているので,次回のPC更新はこの辺りを目安にしたい。2013年末現在,SSDは128GBで1万円,256GBで1.5万円というところなので,あと2年で1TBも現実的な選択肢になるのではないか。

アマチュア無線関係のソフトのために,相変わらず仮想環境のWindowsXPを使っている。これもあと数ヶ月でXPのサポート期限が来てしまうので,対策を考えないといけない。Windows7or8の安いPCを買うのか,仮想環境でWin7を動かすのか。いずれにしてもWindows7のライセンスは調達が必要だろう。これは新年の課題としたい。




タグ:Mac MacBookPro
posted by ソウヘイ at 14:33| Comment(0) | パソコン・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: