2014年05月12日

資格取得(1級アマチュア無線技士 追記)

その1その2その3と,書いたものをかんなさんに見てもらったら,「私のことばかり書いていて自分の受験記になってないですよ」と指摘されてしまった。確かにそうかも。

自分のこととしては,1アマの勉強「だけ」であれば苦痛になるほど難しくはないし,かんなさんと一緒にファミレスなどで勉強する時間は楽しかった。ただ,仕事をしながら,かつ忙しくてストレスもたまる年度末で,勉強に使える時間は週末などに限られるし,本来は息抜きに使う時間をできるだけ1アマの勉強に充てていたので,正直今回落ちて再挑戦だったらかなりキツいな,と思っていた。

ということでなんとか1回で合格したい。具体的には勉強の期間中は,小説を読む時間をかなり減らした。無線に関しても,休日のワッチやコンテストはできるだけ我慢。1アマになれば10/14MHzにも出られるようになるのだからと思って,無線の時間は全部1アマの勉強とした。

サラリーマンの場合,勉強そのものよりも試験に向けて仕事の都合の調整とか,メンタルのコントロールが大変かもしれない。仕事はとっくにリタイアされているであろう年配の受験者が,会場で「ガルスカ本」を眺めているのを見たけれど,時間があるのなら手抜きせずにちゃんと勉強した方が何度も受験せずに楽に合格できるように思う。特に今は和文モールスも実技もないので。

あと,なんでもそうだと思うけれど,単純に勉強するよりも,人に教えるというのはものすごく勉強になる。今回はかんなさんにいろいろと聞かれて,できるだけわかりやすく説明するためにどうしたら良いかとかいろいろ考えたし,その過程で自分の理解も深まった。そういう勉強ができる環境にいる人は恵まれていると思うけれど,周りで一緒に上級資格の勉強をしている人がいたら,お互いに説明し合ったりすると良いかもしれない。うまく説明できないことがあったら,それはちゃんと理解していないということになる。

それからブログのコンテンツとしては,どこにでもいるOMの1アマ受験記よりも,工学がニガテなYLさんの1アマ受験記の方がどう考えても魅力的でしょう。まあそのへんを考えての内容ということで。
タグ:1アマ
posted by ソウヘイ at 20:35| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: