2017年07月08日

SF本読了 五人姉妹

「五人姉妹」(菅浩江)を読了。Kindle版。

博物館惑星が面白かったのでその流れで。こちも面白かった。なんというか,SFとしての硬さと柔らかさのバランスが絶妙なんだと思う。

いずれのお話もSFという舞台設定がないと成立しないけれど,かといってアイデアだけのガジェット小説ではなく,ちゃんとその設定だからこその感動や余韻がある。マイケルコーニイとかテッドチャンと似た雰囲気かなぁ。

表題作の「五人姉妹」はなんだか既読感があったけれど,ゼロ年代ベストSFに収録されていた。読んだのは2011年。「お代は見てのお帰り」が博物館惑星の後日譚になっている。といってもストーリー上の続編ではない。「箱の中の猫」みたいな話は最近メンタルが弱くなってしまって少々辛い。

【収録作品】
五人姉妹
ホールド・ミー・タイト
KAIGOの夜
お代は見てのお帰り
夜を駆けるドギー
秋祭り
賤(しず)の小田巻
箱の中の猫
子供の領分

タグ:Kindle SF 菅浩江
posted by ソウヘイ at 07:33| Comment(0) | 読書

2017年06月22日

Kindle本読了 全開で飛ばせ

「全開(フル・スロットル)で飛ばせ」(大藪 春彦)読了。Kindle版。

魂の駆動体で検索をしていたら、この人の本が引っかかった。車と運転の描写が凝っているということで、SFでもミステリでもないけれど、読んでみた。

まあ、こんなもんか。という感想。車と銃器などの描写に凝りたいのはわかるんだけど、スーパーマン的な主人公でまずそんなのアリかよと思って、カーチェイスと銃撃戦、濡れ場などおいしいところだけ書いてあとは話が途中でも終わっちゃうところとか、まあある意味新鮮ではあったかな。007てこんな感じだっけ。これが書けた時代ということでもあったのかも。誤字が多いのが気になったけれど、電子化の際に直さないのか。

登場する車は1960〜1970年代のスポーツカーやスーパーカーたち。さすがに全然知らないんだけど、スペックだけ比較すると最近乗り始めたNCロードスターがいかに高性能な車かわかる。

…直列4気筒1998ccのダブル・オーヴァーヘッド・カム・エンジンは毎分6700回転で170馬力のパワーを絞り出す。フルシンクロの6速ミッション、サーヴォ付きの4輪ディスクブレーキ、各気筒独立の電子制御燃料噴射装置と道具立が揃えば、もう完全なスポーツ・カーである…とかなんとか。

タグ:Kindle
posted by ソウヘイ at 21:44| Comment(0) | 読書

2017年06月15日

SF本読了 永遠の森 博物館惑星

「永遠の森 博物館惑星」(菅浩江)を読了。Kindle版。

発売時はかなり話題になっていて、いろいろ賞も取ったんじゃないかな。

特に内容を調べずに、タイトルからのイメージでなんとなく幻想・ファンタジー寄りなのかな、と思って優先順位を下げてしまっていた。

Kindleでセールになっていたので購入し、あまり期待せずに読んでみた。ら、大変面白かった。しっかりSFだし、連作短編のようでいて、全体として大きなストーリーもあり、読後感も爽やか。

主人公は新婚さんなのに仕事に追われて奥さんを構ってあげられず、どうなることかと心配しながら読んでいくと…みたいな感じ。

仕事はほどほどに、奥様を大切にしましょう。と思う入籍記念日であった。




タグ:Kindle SF 菅浩江
posted by ソウヘイ at 21:20| Comment(0) | 読書

2017年06月05日

SF本読了 天冥の標IX

「天冥の導IX ヒトであるヒトとないヒトと PART1, PART2」(小川一水)を読了。Kindle版。

長いシリーズも残りはXだけ(といっても何冊になるかはわからないけど)。

しかし今回も前回までのお話が大部分頭から抜けてしまっていて,かといって全部読み返すにはヘヴィだし,と中途半端な状態で読んでしまった。(前作8を読んだのは2年前)

本当は完結後まで積んでおいて最初から一気に読んだ方が良いと思うんだけど,けっこう内容が重いので精神的に元気なときでないと読めないというジレンマもある。

Xが出揃う頃にはたぶんまた内容を忘れてしまってるだろうなぁ...

posted by ソウヘイ at 21:39| Comment(0) | 読書

2017年04月20日

SF本読了 トワイライト・テールズ

「トワイライト・テールズ」(山本弘)を読了。Kindle版。

MM9シリーズと共通の世界を舞台にした短編集。

面白かった。怪獣ものということでどうしても完全なハッピーエンドにはならないのは仕方がないとして、サービスシーン(?)がちょっとわざとらしく過剰なのが気になったかな。

【収録作品】
生と死のはざまで
夏と少女と怪獣と
怪獣神様
怪獣無法地帯

タグ:Kindle SF 山本弘
posted by ソウヘイ at 21:37| Comment(0) | 読書