2020年01月12日

アマチュア無線(QSOパーティ2020)

お正月恒例のQSOパーティー(規約)への参加は9回目。十二支達成まであと3回。

年末からかんなさん(奥様)が風邪をお召しになり,今回は参加見送りも覚悟した。次に子年のステッカーに挑戦できるのは12年後。その時は何歳かな,なんて考えてしまった。

幸い2日にはだいぶ回復して,移動運用でCQを出すのは無理だけど,SWLならできるかもしれない。ということで,私が単独移動してその交信をワッチしてもらう作戦を試してみることにした。

移動先と作戦は例年通り。正月に2mFMだとこれ以上良い場所がなかなか見つけられない。

145.340でCQを出し始めて,30分ほどはメインチャンネルと交互にCQを出し続けて,なんとか12局くらいまで。その後は呼び回りに変更して,10:20には運良く2名+社団のコールでサービスしてくれる局長さんに当たって無事に20局クリア。



ちょうど観光客が増えてきたのでそそくさと撤収して,場所を変えてもう少しCQを出してみたけれど,1局追加できたのみ。

あとは帰宅してからもワッチしたけれど,市内のローカルさんにサービスした程度。

人口の多い都市部では2mや430のFMは隙間がないほど賑わっているというけれど、当地では2日の午後には閑散としてしまい、出遅れると20局達成が難しい。なのでとにかく2日の朝から急いで20局をクリアしようと少ない参加局がいっせいに出て、そして午後にはみんな引っ込んでしまう。

15局くらいまで頑張って、もうどうやってもダメというときに、また12年後再チャレンジ、というのはちょっと厳しすぎじゃないかなぁ。HFができる環境の人は良いけれど、V/Uのみのビギナーや田舎のアパマンハムにはハードルが高いと思う。

自分もあと3回無事に出られるかどうかわからないし、もし12年後再チャレンジとなったとき、果たしてQSOパーティ自体が続いているのかどうかも怪しいかも。



posted by ソウヘイ at 18:19| Comment(0) | アマチュア無線

2019年12月29日

ロードスターNC1その後(アマチュア無線機更新)

ロードスターのモービル無線機は頂き物のTM-733GSをバッ直+リレーで配線して使っていた。

先日の雨漏りで助手席下が浸水して、無線機本体も水没。乾かしたら動くようにはなったものの、元々コントローラの表示が半分消える不具合もあったので、思い切って更新することにした。

TM-733と同等の機能の現行機種だと、同じKenwoodのTM-71Sだけど、モービルでは必須のパネルセパレートキットが別売り。

別メーカで同等機能だと、ICOMのIC-2730Dが標準でパネルセパレートケーブルがセット。価格はTM-71Sにセパレートキットを追加するよりも安くなっていたので、こちらに決定。ちなみに八重洲はシンプルなFMデュアルバンダーで同等の機能・価格帯の機種がなかった。



免許の増設申請を出してから、ロードスターに取り付け。配線は通してあるので、IC-2730D付属の電源ケーブルにギボシ端子を付けるだけで取り付け完了。本当は助手席下がごちゃごちゃしているので綺麗にしたいところだけど、面倒なのでこのまま。

問題はコントローラーで、TM-733より一回り大きいのでちょっと邪魔。シフトレバー前に両面テープで付けたものの、接着面が小さく剥がれてしまう。穴をあけてビス留めはやりたくないし、ということで、いろいろ出ているスマホホルダーを試してみることに。

さすがにスマホとは形状が違うので,ガッチリ固定,という感じにはならないけれど,コントローラの底面に両面テープを貼ったらまずまずの安定感。視界の邪魔にもならないし,これでしばらく使ってみようと思う。

1D2C8D3D-26F5-4BE0-8596-6C994CE7D5B2.jpeg

D583749E-BBBE-44E8-A2F5-BBAAB1D1112F.jpeg

6FCEDB1C-E1D3-48DC-BECF-2CA7F3B71A0A.jpeg

増設の変更申請は受付処理中のまま1ヶ月以上放置されて、やっと返ってきたと思ったら、例の如く記載不備の指摘。
今回、第10送信機の増設の変更申請となりますが、「13電波の型式並びに希望する周波数及び空中線電力」については、今回の変更に係る部分のみではなく、最終形をご記載いただくようお願いいたします。

申請時にIC-2730Dの取説の通りに,144MHzと430MHzの欄に3VFのチェックを入れて出した結果がこれ。

ic2730d_w560.jpg

こんなの免許情報管理しているのは総通自身なんだから,適切に直して登録してくれたら良いだけだし,せっかく電子申請で機械的にチェックすればわかるんだから,せめて即返してくれれば良いのに,なぜ1ヶ月以上放置なのか。

文句を言っても免許は下りないので、気を取り直して補正して再提出。

さらに一週間かかって,ようやく「審査中」となった。審査中=不備なしということなので,どうやらこれで免許は下ろせそう。ギリギリでお正月のQSOパーティに間に合った。楽勝で間に合うタイミングで申請したはずなのに危ないところだった。
posted by ソウヘイ at 09:55| Comment(0) | アマチュア無線

2019年11月24日

アマチュア無線(CQ WW DX CWコンテスト2019)

参加は7回目かな。昨年はいろいろと外出する用事と重なって不参加だったので2年ぶり。東京UHFコンテストと重なってしまった。あいにくの悪天候だったので移動運用は見合わせて,自宅でWW CWだけ参加。

設備は最近のDXコンテストでは毎回同じFT-100Dとベランダに仮設したモービルホイップ(14MHz)。コンディションの悪さもあるんだろうけれど,受信はまあまあなので,カウンターポイズをもっと増やしたら多少マシになるかもしれない。そのうち試してみたい。

21MHzのモービルホイップも以前は普通にSWRが下がって使えていたのに,今は同じ長さでもHi-SWRで使えず。こういうときはアンテナアナライザが欲しくなる。

ということで14MHz一本で,初日の11時頃から参加。強く入っている局で,CQが空振りしている状態なら応答率3割くらいかな,という感触。応答があっても一発でコールサインをコピーしてもらえることはほとんどなくて,3回,4回と送ってようやくコピーしてもらえる感じ。

バンド内けっこうざわざわと聞こえるんだけど,そんなわけで交信できる局が限られるため,休憩しながら新たな強い局が出てくるのを待つ感じ。昼頃はアジア圏と極東ロシア,夕方には東欧が開けて,Zone16の壁がなかなか超えられなかったけれど,急に14のドイツが聞こえてきたので,なんとか交信できた。これが今回のハイライト。



2日目は朝のうちに北米と1局,出かけて帰宅してからロシアを2局追加して,なんとか合計20局と交信。ドイツはLoTWでまだcfmされていないので,cfmされたら嬉しいな。

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
14MHz 20 42 18
----------------------------------------
Total 42 18
Score 42 x 18 = 756
DXCC Multi 9: BY, DL, K, KH2, KH6, OK, UA, UA9, UR
Zone Multi 9: 3, 14, 15, 16, 18, 19, 24, 27, 31


【過去のCQ WW CWコンテストの様子】
2018年(不参加),2017年2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:37| Comment(0) | アマチュア無線

2019年09月23日

アマチュア無線(愛・地球博記念コンテスト2019)

毎年秋分の日にやっていて,XPO記念とセットのような位置付けのコンテスト。JARLやDXの大規模コンテストのような忙しない感じがなくて,雰囲気が良いのでだいたい毎年参加している。昨年はドローン検定受験とバッティングしたために不参加だった。

今年も用事があったので,短時間だけの参加だったけれど,趣向を変えて7MHzの釣り竿アンテナを使ってみることに。

IMG_7306_w560.JPG

U/Vだととにかく高いところに登らないと聞こえない/飛ばないけれど,HFだと見晴らしはそれほど重要ではないみたい。

ということで,人が少ない穴場の公園の東屋で,釣り竿アンテナを立てた。フィールドデーコンテストのときは,受信は良いけれど飛びがイマイチで,ローカルのOMさんから,「カウンターポイズを増やすと良くなる」とアドバイスを頂いたので,今回事前にカウンターポイズを作っておいて,5本に増やした。

IMG_7300_w560.JPG

アンテナが良くなったからか,今回は飛びもけっこう良くて,1,2,3,5エリアと次々と交信できた。これなら7MHzの移動運用が充分楽しめそう。1時間で12局と交信。

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
7MHz 12 6 12
----------------------------------------
Score 12 x 6 = 72
マルチ: 茨城,愛知,三重,大阪,兵庫,鹿児島


先日のXPO記念と今回は,かんなさんのパドルとメモリキーヤーをお借りした。パドルはGHDキーとCQオームコラボのCW-ONE-jr。メモリキーヤーはアサップシステムのAS-KEYER2

CW-ONE-jrはコンパクトな割に,打鍵感や安定性が優れていてとても良い感じ。私も欲しくなってしまった。

一方AS-KEYER2はメモリーが2つと少ないのはまあ良いとして,30秒無操作でスリープモードに入って電池を節約してくれるんだけど,これがちょっと曲者。「さあ呼ぶぞ」とJの短点を打つと,スリープからの復帰のために一瞬遅れがあって,「あれ?打鍵ミス?接点不良?」と焦ってしまう。観察していると遅れはするものの短点はちゃんと送出されているみたい。しかしこの一瞬で打鍵ミスと判断して送出をやめたり,最初から打ち直してしまうことが何度もあった。電池が長持ちするのはありがたいけれど,この一瞬の遅れはかなり不快。せめてスリープを解除する別ボタンを設けるとかしてほしかった。

IMG_7303_w560.JPG

【参考リンク】
過去の愛・地球博記念コンテストの様子:2018年(不参加),2017年2016年2015年2014年2013年2012年

posted by ソウヘイ at 21:22| Comment(0) | アマチュア無線

2019年09月16日

アマチュア無線(XPO記念コンテスト2019)

XPO記念コンテストと1週間後の愛・地球博コンテストは,ゆったりとした雰囲気が好きで毎年できるだけ参加している。

ただ,朝からあいにくの雨模様。まあ他のお客さんがいないので,駐車場で運用するには気を使わなくて良い。

雨の中カッパを着て設営。本当は7MHzの釣り竿アンテナを試したかったけれど,雨の中いろいろ広げると撤収も面倒なので断念して,一番簡単な430MHzの八木アンテナだけ。

IMG_7287_w560.JPG

出ている局は少ないけれど,たまにCQが聞こえてきて呼んだり,こちらもCQを10分ほど出してたまに呼ばれたり,という感じ。このまったり感が良い。
144MHzでローカル局も聞こえた。SWRは高かったけれど無理やり呼んで交信。

2時間ほどで14局と交信して,雨の弱いタイミングで撤収。いつものお蕎麦を食べて帰ってきた。

IMG_7284_w560.JPG

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
144MHz 1 1 1
430MHz 13 5 13
----------------------------------------
Score 14 x 6 = 84
マルチ: 茨城,埼玉,東京,神奈川,静岡




【参考リンク】
過去のXPO記念コンテストの様子:2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 19:51| Comment(0) | アマチュア無線