2018年02月17日

アマチュア無線(micro:bitでエレキー練習ソフト)

都内出張はたまにあるけれど,なかなか秋葉原でショッピングをするような時間がない。そんなときは,最寄りの理工系大学の売店を覗いてみるのも良いかもしれない。けっこう電子部品などを置いている売店もある。

今回は池袋からほど近いW大理工キャンパスの売店を物色していたら,micro:bitなる子供用のプログラミング学習キットがあった。安かったし,Scratch風のプログラミング環境が使えるということで,お試しで購入。

プログラムは本当に拍子抜けするほど簡単で,パソコンの設定も登録も何も要らない。Web上のプログラム入力画面にアクセスして,ブロックをカチカチと組み合わせて,プログラムができたらダウンロード。ファイルがひとつできるので,それをUSBにつないだmicro:bitにドラッグするだけ。

やはりScratchと違って面白いのは,LEDやスイッチ,入出力端子を介して(パソコンの)外ともやりとりができる点。早速アマチュア無線で使うモールス信号(CW)のエレキーのソフトを作ってみた。パドルの左を押すと短点,右を押すと長点の音がスピーカーから出る。左右を同時に押すスクイーズ操作にも対応。





シンプルにできたと思うけれど,感触としては本物のエレキーと比べるとちょっと違和感がある。数十msの遅れとか,そういうチューニングが必要なのかも。

せっかくいろいろなセンサー(明るさ,加速度,コンパス)や無線(Bluetooth)も使えるので,アイデア次第で面白い使い方ができると思う。





タグ:工作 CW micro:bit
posted by ソウヘイ at 18:11| Comment(0) | アマチュア無線

2018年02月16日

アマチュア無線(関東UHFコンテスト2018)

関東UHFコンテスト(規約)への参加は6回目かな。

430MHz以上のUHF帯のみなので,高いところに移動しないとほとんど交信できない。しかし時期的に降雪や路面凍結があって,移動できるかどうかは五分五分というところ。

今年は一週間ほど前に積雪があったけれど,当日までに融けて,気温も上がり路面状況も問題なし。ということでいつもの移動場所(奥日立きららの里;標高422m)で参加できた。

だいたい上に登れたときは20局前後,登れないときはローカルのみ3局くらいというのが交信数の目安。

アンテナ類はロードスターに積んでいて,でも車内は狭くて運用は厳しいので,ポロと2台で行って無線機(FT-817)やパドル,パソコン(ドンキの2in1)はポロにセッティングした。午前中はポカポカ陽気だったので,エンジンは止めて電源はポータブルバッテリーを使った。

都内,千葉,埼玉あたりと交信して,CQを出したらポツポツと呼ばれて,お昼を挟んで19局と交信。





【過去の関東UHFコンテストの記事】
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
posted by ソウヘイ at 16:48| Comment(0) | アマチュア無線

2018年01月05日

アマチュア無線(QSOパーティー2018)

お正月恒例のQSOパーティー(規約)への参加は7回目。十二支のうちようやく半分を超えた。先は長い。

車はロードスターに変わったけれど、作戦は昨年と同じ。車載しているFMモービル無線機(TM-733)とモービルホイップをそのまま使って、少し高い公園の駐車場からローカル局だけで20局を狙う。

2日の9時ちょうどに2mの空き周波数でかんなさんがCQを出して、交信開始。呼ばれなくなったらメインでCQを出してサブで再度コール。

だいたい50km圏内くらいが交信範囲で、それほど多くの局がいないため、次々と呼ばれる、という感じではなかった。それでも昨年と同じ10:30には20局を達成できた。この頃にはレジャーのお客さんで駐車場がいっぱいになってしまうので、いずれにしてもこの時間までがリミットか。

3日は自宅で少しでもサービスできたら良いかと、朝からワッチしていたけれど、やはりあまり聞こえず。1局だけサービスすることができた。用事などで2日の朝から出られない場合は、自分たちの場合は相当苦労すると思う。今後ローカル局が減っていくと苦しいので、代替プランも考えておく必要があるかも。






posted by ソウヘイ at 22:48| Comment(0) | アマチュア無線

2017年12月01日

アマチュア無線(CQ WW DX CWコンテスト2017)

CQ WW DXコンテストのCW部門(規約)への参加は6回目。

初日はロードスターの半年点検などで出かけていたので,2日目の朝から少しだけ21MHzで。

いつものFT-100Dとモービルホイップ。SWRは調整済みだし,最初は調子が良いんだけど,しばらくしたら送信時にSWRとパワーのメーターの動きがおかしくなって不安定に。以前にも同じ症状で,アンテナをいじったり同軸を変えたりといろいろやったけれど,いつの間にか治ったりして,結局原因不明。

FT-100DもOMさんから譲っていただいた古いリグなのでパワーを出すと調子が悪いのかも。コンパクトなオールバンド・オールモードの50Wか100Wのリグを新調したい気持ちもあるんだけど,このコンディションで固定からだとほとんど出られないので,ついつい古い機械に鞭打って使ってしまう。

予想通りの低調なコンディションで,7時半から8時半くらいの間に北米(Zone03)の3局と,グアム(Zone27)の2局と交信。いずれもおなじみの局。JAから聞こえる局は限られていてけっこうパイルになってしまうので苦労した。南米(Zone11)もカスカスで聞こえていたけれど,案の定届かず。

太陽活動の低調なこの何年かは,DXCCの新エンティティの期待できない我慢の時期が続きそう。このコンテストもコンディションの確認や,LoTWの使い方を忘れないために参加している感じ。

【過去のCQ WW CWコンテストの様子】
2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:54| Comment(0) | アマチュア無線

2017年11月25日

アマチュア無線(東京UHFコンテスト2017)

東京UHFコンテスト(規約)へは2回目の参加。昨年はサンバーカフェで快適な移動運用を楽しんだ。

今回はローカルのOMさんに教えていただいた穴場の移動運用場所に初挑戦。




ロケーションは素晴らしいものの,駐車場から階段で20mほど歩く必要がある。ロードスターは車内で運用するのは(狭くて)厳しいため,どっちみちFT-817を持ち出して車外で運用するので,このように東屋に机と椅子がある場所の方がやりやすい。

当日は朝から雨で、おかげで観光客がいなくて気を使うことはなかったけれど、東屋の中まで雨が吹き込んできた。無線機とメモリーキーヤーにはビニール袋をかぶせ、パソコンはタオルで拭きながらの運用。こういう場面ではハイエンドな高性能ノートPCよりも、2万円のローエンド2in1の方がガンガン使えて良いかも。




430MHz CWは都内局、1エリアの都外局ともに良く聞こえて、バンド内を呼んだ後にCQを出したら立て続けに呼ばれた。2時間ほどやって冷えてきたので撤収。結果は都内10,都外11局。天気が良かったら最高だったけど、狭い展望台なのでお客さんが来ると気を使ってしまうかも。




途中の道路は舗装されているものの狭いし傾斜が急で枝が落ちていたりもして、なかなかワイルドだった。

【過去の東京UHFコンテストの様子】
2016年


posted by ソウヘイ at 21:01| Comment(0) | アマチュア無線