2018年06月18日

アマチュア無線(ALL ASIAN DXコンテストCW 2018)

AA CW(規約)への参加は7回目。

ベランダの内側にモービルホイップを仮設して,14MHzで参加。コンディションは期待できないので,とにかく1局でもDXと交信するのが目標。

初日のお昼頃からワッチを開始。しかし1局交信すら危ぶまれるコンディションの悪さで,国内局のCQは聞こえるけれど,DX局はまったく聞こえず。普段なら強力なアジアロシアやグアムすら聞こえない。

2時間ほどかけて,QSBで浮いてきたタイミングでなんとかロシアと交信してボウズは回避。コンディションが上がるのを期待しつつ,休み休み20時頃まで粘って,なんとか8局。近場のお馴染みさんばかり。アジアロシア,グアム,フィリピンと,アメリカ。結局VK(オーストラリア)やEUはまったく聞こえず。

コンテストナンバーが年齢ということだけど,8局程度では傾向も何もない。せいぜい,最悪のコンディション&うちの弱小設備で聞こえるくらい強力なCQを出せるのは,それなりの年齢(で財力のある局)だということくらいか。最年少は47歳(ロシア),最高齢は75歳(アメリカ)だった。30代は交信はできなかったけれどCQは聞こえた。10代,20代,YL局(女性;ナンバーは00)は聞こえず。

伝搬確認のために何度かCQを出した。応答を期待しているわけではなくて,RBNのレポートを確認するため。一応弱いもののVKまでは飛んでいたみたい。

aacw2018_w560.jpg

固定機としてメインで使っているFT-100も,モービルのFM機TM-733も,どちらも微妙に調子が悪くて,更新を考えないといけないんだけど,一度に買い替えは経済的に厳しいし,コンディションが悪くてアクテビティも低いのでペンディングになっている。サイクル25が始まってコンディションが上向いてきてからでも良いかなぁ。

【過去のAll Asian DX CWコンテストの様子】
2017年2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:36| Comment(0) | アマチュア無線

2018年05月04日

アマチュア無線(東京コンテスト2018)

東京コンテスト(規約)への参加は2回目。

21,28,50,144MHzが対象の変則的なコンテストということで,最近のハイバンドのコンディションを考えると,高いところに登って144MHzのCWというのが都外局の狙いどころ。

一方でいつも使っている奥ひたちきららの里(標高430m)は,ゴールデンウィーク中は観光客で混雑するので,駐車場が使いづらい。

そんなわけで昨年は条件の悪い(標高の低い)公園の駐車場で参加した。今年はたまたまタイミング良く(?)当日が雨模様だったため,きららの里で運用。観光に来てくださる方の迷惑にならない程度に,控えめに運用するのがアマチュア無線家に求められるマナーだろう。

IMG_5499_w500.jpg
IMG_5498_w500.jpg

144MHzは以前作った自作八木アンテナがあるので使いたかったけれど,設営時は雨で,防水など何も考えていないアンテナだったため,最初はモービルホイップで開始。

モービルホイップでも強く聞こえる局にはなんとか届く感じ。10局ほどやって,お昼を食べているうちに雨もあがった。

IMG_5494_w500.jpg
IMG_5500_w500.jpg

昼からは自作八木アンテナに変更。切り替えながら聞いてみると,モービルホイップでS3くらいの強さの局が,八木だとS8くらいにアップ。モビホではカスカスだった局とも交信できる感じ。3エレでも充分に機能しているみたい。

IMG_5501_w500.jpg

そんな感じで21局と交信。合間にはかんなさんが6局。都内が9マルチ,都外が7マルチと健闘。自作八木アンテナとモービルホイップを比較できたのが収穫。電気的に接続されていない単なるアルミ棒を並べただけで指向性が出るというのが不思議で,こういうのを自作して効果を確かめられるのがアマチュア無線の面白いところ。

【過去の東京コンテスト】
2017年
posted by ソウヘイ at 20:38| Comment(0) | アマチュア無線

2018年05月01日

アマチュア無線(ALL JAコンテスト2018)

ALL JAコンテスト(規約)への参加は7回目。

今年も第2常置場所で自作のフルサイズダイポールを張って,久しぶりに電源を入れるFT-1021Xを使って参加。ただし用事もあったし,体調もイマイチで2時間だけ。

FT-1021Xで以前と同じCWで送信しっぱなし(トーンは止まるけど受信に切り替わらない)になる症状が出た。今回はセミブレークインでもフルブレークインでも出る。パワーを20Wくらいに絞って,電源を入れ直したりいろいろやってなんとか使えるようになった。

毎回短時間の運用で,ちゃんと直さずに済ませてしまうので毎回悩むことになる。たぶん回り込みだと思うんだけど,キーヤーとリグのケーブルにフェライトコアでも入れれば良いのかな。なかなか試して実験するヒマがないけど。

14MHzは6エリアがポツポツ。ただしQSBがあって一通り呼んだら聞こえなくなってしまった。

7MHzは3エリアが強力で59+で入感。

12局だけ交信して終了。局数は少なかったけれど,久しぶりにFT-1021Xを使えて良かった。




【過去のALL JAコンテスト】
2017年2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 10:02| Comment(0) | アマチュア無線

2018年04月20日

アマチュア無線(JIDX CWコンテスト2018)

毎年さくらまつりと重なってあまり参加できないJIDXコンテストCW(規約)。今回は2年ぶり4回目の参加。

めずらしく初日から参加できそうだったので、新しく14MHzのモービルホイップを購入。DXはずっと21MHzメインでやってきたけれど、当面Condxが回復しそうにないので、多少マシらしい14MHzに出てみることにした。

ベランダにモービルホイップを仮設するときに、アースはカウンターポイズを2本ベランダの床に向けて這わせている。このせいかわからないけれど、21MHzのモービルホイップは、めいっぱいエレメントを縮めてもSWRが高く、エレメントを切って調整した経緯があった。切れない安物の金鋸でずいぶん苦労した経験がある。

そのため14MHzのエレメントも切断することを想定し、5mm径の鋼線まで切断できるワイヤーカッターを準備してアンテナの調整。

ところが、新しい製品はエレメントの調整範囲が広いのか、エレメントを切ることなくSWRが落ちた。リグのSWRメーターで1〜2コマ。せっかく買った工具は無駄になったけれど、調整できないよりは良いか。

1日目、16時からワッチを開始。近場のエンティティがポツポツと入感。S4くらい振っている局だと、80Wくらいで送信すればなんとか取ってもらえる感じ。

ということで、21時頃までに20局と交信。ヨーロッパ(Zone15)はフィンランドやポーランドがカスカスで聞こえたものの、交信はできず。16のヨーロッパロシアとギリギリできた。アンテナも調子が良く、久しぶりにまともにDXコンテストをしているという感触。

2日目は朝7時から8時頃までと、夕方15時から17時頃まで。朝は弱かったけれど、北米とも交信できた。

最終的には31局。何局かはQSBの影響もあり、ミスコピーされているかもしれない。20mとしては初交信のエンティティばかりだったけれど、MixのNewは増えず。まだまだ辛抱の時期が続く。それでも21と14の2バンドに出られるようになったことは収穫だった。仮設アンテナなので着け外しは面倒だけど。

【過去のJIDX CWコンテスト】
2016年2015年2014年

posted by ソウヘイ at 21:28| Comment(0) | アマチュア無線

2018年02月24日

アマチュア無線(ARRL International DXコンテスト2018)

アメリカのアマチュア無線連盟(ARRL)が主催するDXコンテスト(規約)。参加は5回目かな。

HFハイバンドは相変わらずの底コンディションなので,元々あまりやる気もなく,二日目の朝出掛ける前にちょっとだけワッチ。アンテナはベランダに仮設のモービルホイップ。

21MHzは案の定バンド内で1局も聞こえず。カスカスとかいうレベルではなく,聞こえるのはノイズだけ。ちなみに2015年にはこの21MHzだけで64局も交信している。いかにコンディションが落ちているかがわかる。

14MHzはRHM5というQRP用のモービルホイップがあるので,一応立ててみた。ただSWRが下がりきらず,リグのSWRメーターで4コマくらいが限度。SWR1.5〜2くらいかな。パワーも入れられないので,20Wで。

7518869888_IMG_3084_w500.JPG

21MHzよりは聞こえて,何局かはSメーターが3〜5で振れるくらい。他局との交信後にコールすると,一発コピーしてもらえた。もっとネバればもしかしたら10局くらいはできたかもしれないけれど,出かける用事もあったので2局で終了。WA(ワシントン州)とMT(モンタナ州)。

アメリカの全州と交信するWASアワードは,今のところ18州。とにかく内陸や東海岸の州が厳しく,うちの設備だと最高にコンディションが良くならないと達成は難しそう。

【過去のARRL International DX CWコンテストの様子】
2017年2016年2015年2014年
posted by ソウヘイ at 07:15| Comment(0) | アマチュア無線