2017年02月22日

アマチュア無線 ARRL International DX CWコンテスト2017

このコンテスト(規約)も貴重なDX交信の機会なので、だいたい毎年参加するようにしている。

ただ、昨年と比べてもハイバンドのコンディション低下が顕著になっているとのローカルOMさんの情報なので、ベランダのモービルホイップでは厳しいかもしれない。

かといって、移動してダイポールを張るとしても、車で使えるリグはFT-817(5W)だけ。ということで選択肢としては、モービルホイップで100Wを出すか、ダイポールで5Wという2択になる。今まで車からDXはほとんどやったことがないので、今回は後者でチャレンジしてみることにする。ちなみに200Wの固定局(実家)はDX向けにはあまりロケーションが良くないのと、早朝からアンテナを張ったりしづらいので見送った。

太平洋に面した海沿いのロードパークで,1日目の10時過ぎ,まずは21MHzのモービルホイップでワッチしてみた。案の定アメリカの局はぜんぜん聞こえず。唯一グアムが聞こえたけれど,呼べども呼べどもまったく届かず。




ダイポールを逆Vに張って改めてワッチ。しかしやっぱり聞こえない。グアムも消えてしまった。

これでは今回は0交信で終了かな,と諦めかけたけれど,一応手持ちの14MHzのダイポールも張ってみることに。

こちらは21MHzと比べると少しアメリカの局も入感している。その代わり聞こえる局にはJAからのコールが集中していて,呼んでもなかなか取ってもらえない。JA各局は最低でも50W,だいたい100Wとか200W,500WやKWもちらほら。そりゃ5Wでは太刀打ちできないよなぁ。ちなみにアメリカ以外の局はコンテストナンバーに送信出力を送る。

たまたま聞こえ始めたばかりのOR(オレゴン州)の局を呼んだら,何度も聞き返された末にようやくコピーしてもらえた。さらにCA(カリフォルニア州)の局とも交信成立。たった2局ではあったけれど,この悪条件でよく頑張ったと大満足。

せめて50W出せる移動用のオールモードリグを手当てしたいところだけど,サンバーだと電源の確保も厳しいし,予算もないし,悩ましいところ。




【過去のARRL International DX CWコンテストの様子】
2016年2015年2014年
posted by ソウヘイ at 21:38| Comment(0) | アマチュア無線

2017年02月11日

アマチュア無線(関東UHFコンテスト2017)

関東UHFコンテスト(規約)は,高い場所に登ればそこそこ楽しめるけれど,時期が時期だけに山の上は雪の心配があってなかなか難しい。過去5回のうち,2回は雪で断念している。

今年もコンテスト2日前に少し雪が降って,平地では積もるほどではなかったけれど,当日朝にいつもの移動場所(奥日立きららの里;標高422m)に向かったら,除雪作業中で入れず。




一緒に行ったOMさんに代わりの移動運用候補地を教えていただくものの,山に登れないということでちょっと見晴らしのいい公園の駐車場とか,そういう場所がせいぜいとのこと。

ということで,良い場所がないかドライブがてら見ていって,川沿いの土手で出てみることにした。標高はないけれど大きな山や障害物は近くになく,HFなら充分に飛びそう。

しかし,アンテナ(7エレ八木)を立ててワッチを始めてみると,当たり前だけど山の上と比べるとまったく聞こえない。カスカスに聞える局もあるにはあるけれど,呼んでもまったく届かず。山の上ならば符号がコピーできる程度に聞える局にはほぼ5Wでも届いていたので,ロケーションの違いはあまりにも大きい。




ということで2時間ほどやって交信は5局だけ。まあ今回はHFの移動運用に良さそうな場所を確認できたことが一つ成果だったかな。

20170211kntuhf.jpg

【過去の関東UHFコンテストの記事】
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
posted by ソウヘイ at 20:00| Comment(0) | アマチュア無線

2017年01月04日

アマチュア無線(QSOパーティー2017)

お正月恒例のQSOパーティー(規約)への参加は6回目。

今年もいつもと同じ公園の駐車場に移動して,2mのFMで参加。

nyp2017_3.jpg

サンバーに取り付けてあるモービルの無線機とアンテナもモービルホイップをそのまま使ったので,準備は簡単だった。年末に買った格安2in1パソコンでログを入力。モービル機は運転席で使う前提で取り付けてあるため,パソコンの置き場所がなく,膝の上に置いた。これは要改善だけど,そもそも2mのFMでコンテストに参加する機会はQSOパーティーくらいなのでこのままでもまあ良いかなぁ。

nyp2017_1.jpg

nyp2017_2.jpg

2日の朝9時には準備を完了して,空いている周波数で最初からCQを出す作戦。これが功を奏して,今までで最短の10:30には20局をクリアできた。

格安2in1もハムログでログを入力する程度ならまったく不足はなく,充分使えるという印象。

モービル無線機の方はさすがに普段こんなに連続で声を出すことはないので,熱々になってしまっていた。10Wに絞ってたんだけど。サンバーのアイドリングもなんだかしんどそうで,送信しながらたまにアクセルを吹かしたり。

nyp2017_4.jpg


posted by ソウヘイ at 20:27| Comment(0) | アマチュア無線

2016年11月30日

アマチュア無線(CQ WW DX CWコンテスト2016)

CQ WW DXコンテストのCW部門(規約)への参加は5回目。

コンテストナンバーがゾーンNo(日本は25)だけなので、ビギナーにも参加しやすいDXコンテストと言える。

初日はミラコスタに行っていたので、2日目の朝からワッチを開始。久しぶりにベランダに21MHzのモービルホイップを仮設した。リグはFT-100D。

/APC_0029_w500.jpg

今年はハイバンドのコンディションが悪くて、近場だけでも交信できるかどうか…。と思いつつ、ゾーン03(西海岸)の局が聞こえてきたので呼んでみたら、一発で交信できた。

ただ、そもそも聞こえる局が少なくて、比較的強いのはグアムくらい。あとは北米やロシアも聞こえてもカスカス。

そんな中、ゾーン11(南米)のブラジルが聞こえてきて、1局目は届かなかったけれど、2局目はなんとか拾ってもらえた。コンテスト後にすぐLoTWでコンファームされていた。これだけでも参加した価値はあったかな。

夕方には一瞬だけゾーン15(クロアチア)が聞こえたけれど、カスカスで呼んでもまったく反応なし。コンディションの良いときは、EUの信号がショートパスとロングパスの両方とも聞こえてエコーがかかる、なんて年もあったのに、まったく寂しい限り。

そんな感じで、午前中1時間、午後1時間くらいの短時間で8局と交信。ミスコピーされていそうな局もあったので、減点されるかもしれない。

今年はこれがDX交信納めになると思うけれど,来年はどうなるやら。

/wwcw.jpg

【過去のCQ WW CWコンテストの様子】
2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:14| Comment(0) | アマチュア無線

2016年11月24日

アマチュア無線(東京UHFコンテスト2016)

東京UHFコンテスト(規約)には意外にも初参加。毎年この祝日はなんだかんだと用事があって出られなかった。

今年はHFがあまりできなかったし,サンバーで移動運用も快適になったので,いつもの奥日立きららの里に移動した。

かんなさんは秋葉原で自分用のパドルとメモリキーヤを調達してきたので、そのテストも兼ねて。

/IMG_3471_w500.JPG

サンバーの荷室で、無線コーナーとカフェコーナーを作り、温かいお茶を飲み、おやつを食べながらコンテストに参加。同じ駐車場に他のローカル局も3人来ていたので、温かいコーヒーを振る舞うことができた。サンバーカフェ、なかなか良い感じ。

/IMG_3476_w500.JPG

設備はいつもの430MHzの8エレ八木に、FT-817でCWのみ。電源はポータブルバッテリー。

東京の局はカスカスだったけれど、埼玉、茨城、福島などが強く聞こえていて、都内は4局、都外は9局と交信できた。Sメーターが振っている局とは問題なく交信できたけれど、カスカスだとさすがに厳しくて、都内局に何度も聞き返されることがあった。

かんなさんのメモリキーヤはGHDのGK509Aで、市販では実質これしか選択肢がない定番品。私がキットで組んだものは、文字間や符号同士の間隔は自動調整されるけれど、このGHDのキーヤはすべて「打ったまま」記録される。符号間隔が短かったり長すぎたりするクセはそのまま出てしまうので、けっこう気を使うと感じた。エレバグモードを使えば縦振れキーの符号でもメモリできるのかな。

/IMG_3473_w500.JPG

エンジンを止めた車内は寒かったけれど,お昼は美味しい牛丼も食べられたし,楽しい祝日を過ごすことができた。
posted by ソウヘイ at 22:06| Comment(0) | アマチュア無線