2016年09月19日

アマチュア無線(XPO記念コンテスト2016)

XPO記念コンテスト(規約)への参加は5回目。

毎年第二常置場所(かんなさんの実家)でダイポールを張って出ていたけれど,今回はせっかくサンバーがあるので,移動運用で参加することにした。

事前に良さそうな場所はないかと,海岸や公園を見て回ったものの,車を停められて,他人に迷惑をかけずにアンテナが張れて,電波がよく飛びそうで,かつトイレがあって...などと条件を挙げていくとなかなか難しい。

結局いつもの奥日立きららの里に登ってしまった。ここも行楽日和だと駐車場が混んでしまうので気を使うが,たまたま小雨が降るあいにくのお天気だったので,ガラガラで良かった。

xpo2016_01.jpg

ただ7MHzのDPを張るのは手持ちの道具ではちょっと厳しいので,HFは14MHz(エレメント長片側5m)だけにして,あとは430MHzの八木。

10時からワッチを始めてみたら,14MHzは3局ほど聞こえるものの,S8くらいで強く入っている局を呼んでも届かず。アンテナの張り方が悪いのかコンディションが悪いのか。SWRは落ちているんだけど...。午前中は北海道と1局だけ。動画は音声のみ。

xpo2016_02.jpg
xpo2016_03.JPG




430MHzに切り替えてもあまり聞こえない。まあ3エリア主催のコンテストだし,UHFに出ている1エリアの局は少ないのかも。しばらくCQを出していたら東京の局が応答してくれた。

お昼は園内のお蕎麦屋さんで食べて,午後も14,430と出てみたけれど,14で6エリアはいくつかできたものの,ほとんど伸びず。

結果は8局と低調だった。まあ最近のコンディションを考えればこんなものかな。今回もサンバーのエンジンは止めて,ポータブルバッテリーで運用した。スマホを充電しながら4時間ほど。かなり長時間CQを出し続けたけれど,FT-817ならフルパワーでまったく問題がない。

Freq.  Point Multi  QSO
----------------------------------------
14MHz   4   3   4
430MHz  4   2   4
----------------------------------------
Total   8   5
Score  8 x 5 = 40

マルチ
14MHz: 後志,栃木,長崎
430MHz: 栃木,東京

xpo2016_04.jpg

【参考リンク】
過去のXPO記念コンテストの様子:2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 18:09| Comment(0) | アマチュア無線

2016年08月08日

アマチュア無線(フィールドデーコンテスト2016)

フィールドデーコンテスト(規約)への参加は5回目。

今回も猛暑でまた時間も取れなかったため,2日目の朝9時半から11時頃までの短時間だけ。かんなさんの実家に移動して,FT-817とダイポールでフィールドステーションB(既設電源あり)で参加。




アンテナを張らせていただいているお庭は,夏場で植物が繁茂してエレメントに触ってしまうし,固定もうまくできなかったけれど,暑さで細かい調整は断念。チューナ(Z-817)で同調させた。

念のため書いておくと,かんなさんの実家はFT-1021で200Wの固定局として開局しているけれど,この常置場所に登録した無線機は一台だけなので,FT-817を持っていった場合は「移動局」となる。




アンテナは7MHzと14MHzを張ったけれど,どちらもノイズが酷い。常時S8くらいのノイズで,エアコンが悪いのかと思って止めてみたけれど変わらず。

14MHzはコンディションも悪く,ノイズと相まって壊滅状態。7MHzはIPOをON(RFアンプOFF)にすればノイズに埋もれない強い局ならコピーできる状態。これでなんとか13局。

14MHzもノイズに埋もれつつもコピーできた2局だけ交信できた。




Freq.  Point Multi  QSO
----------------------------------------
7MHz   13  10  13
14MHz   2   2   2
----------------------------------------
Total   15   12
Score  15 x 12 x 1 = 180

マルチ
7MHz:福島,新潟,長野,東京,千葉,茨城,栃木,群馬,静岡,富山

14MHz:茨城,高知

過去のフィールドデーコンテストの様子:2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 20:00| Comment(0) | アマチュア無線

2016年07月04日

アマチュア無線(6m and Downコンテスト2016)

毎年移動運用している6m and Downコンテスト(規約)は5回目の参加。

運用場所はいつものところ(奥日立きららの里の駐車場(標高422m))。ただし今回はサンバーで快適な移動運用をするために,少しずつ準備をしてきたのでそれを試してみる機会でもあった。

まずはエンジンを停めて運用できるように,ポータブルバッテリーを車内に設置。SG-3500LEDという,鉛シールドバッテリー(20Ah)を使ったタイプで,FT-817の送信時定格2Aで使った場合,DOD70%だとしても7時間は使える計算。

こういうバッテリーは定期的な充電が必要なのだが,何しろ鉛電池なので重い(8.3kg)。できれば車内で走行中に充電したいところだけど,付属のDC充電ケーブルだと,あくまでも補充電であり,満充電とするためには付属ACアダプターで家庭用100V電源から充電せよと書いてある。

sambar_mobile.jpg

そこで,面倒な工作をしなくても済む簡単な走行充電方法を考えてみた。つまり,「車内で家電品が使える」等と書いてある車載100Vインバータを車のシガーソケットにつなぎ,そこにSG-3500LEDの付属ACアダプターをつないで,「家庭用電源で充電しているように思い込ませる」わけだ。ロスが大きくて電力効率のことを考えると泣きたくなるが,重いバッテリーをいちいち部屋に持ち帰って充電することを考えればマシだと思う。あくまでも保証外の使い方なのでマネする方はご注意願いたい。最低限,車内の固定をしっかりするのと,直射日光対策は必要かと思う。

その他車内のレイアウトなどはイラストを参照いただくとして,コンテストの様子。







今年は参加部門を電信の430MHzシングルバンドに絞ってみた。昨年のように2m用のアンテナを用意できなかったこともあるし,人の少ない430MHzはQRPでCQを出す練習にちょうど良い。

日曜日の9:30頃から始めて,バンド内を下から上まで呼んで,上の方でCQを10分くらい出して休憩,というサイクルを繰り返す感じ。休憩などして1時間ほど空けるとまた違う局が出てきたりして,14:30までに43局と交信できた。こちらのCQに応答頂いたのが8局。うっかりフィルタを300Hzのままにしていて,バンド外から呼ばれて取れなかったこともあったかもしれない。7MHzだと300Hzのナローフィルタは必須だけど,430MHzなら500Hzとかでも良いかも(FT-817はフィルタ一つしか付かないけど)。

ログはMac(のVirtualBox上で走るWin10)を持ち込んでCTESTWINで付けていた。20局を超える交信数になってくると,紙ログではDUPEのチェックが面倒なので。最初はMacの電源もポータブルバッテリーから取っていたけれど,そうするとSG-3500のファンが回ってけっこう煩いので,途中からはMacの内蔵電池に切り替えた。この6年落ちのMacBookPro15インチは未だに2時間以上バッテリーが持つので偉いと思う。

FT-817の電源をポータブルバッテリーの12V出力から取る分にはファンが回ることもなかった。電圧は受信時に11.5V,5W送信時に10.5Vに低下したけれど,約5時間の運用でフルパワーで送信できなくなるようなことはなかった。

終わってからバッテリーチェックボタンを押しても「使用可能」の緑ランプだったので,まだまだいける感じ。




ということで,車のエンジンを停めて運用できることが確認できたのは良かったけれど,当日は蒸し暑くて人間が厳しかった。何度エンジンをかけてエアコンを付けようと思ったことか。本当は木陰になっている場所でもあったら良いんだけど,電波が飛びそうで,かつ人間も快適,という場所はそうそう見つけられない。




6d2016.jpg

マルチ:福島,茨城,栃木,群馬,千葉,埼玉,東京,神奈川,山梨,長野,静岡

【過去の6m and Downコンテストの様子】
2015年2014年2013年2012年

posted by ソウヘイ at 21:12| Comment(0) | アマチュア無線

2016年06月20日

アマチュア無線(ALL ASIAN DX CWコンテスト2016)

ALL ASIAN DX CWコンテスト(規約)への参加は5回目。

交換するナンバーが年齢ということで、001方式と比べると簡単だし、どんな年齢の人が出ているかわかって面白いコンテストだと思う。ちなみに女性の場合は00を送る。

今回も土日とも用事があったので、フルに参加はできなかったし、そもそも21MHzのコンディションが悪すぎた。

設備はいつものFT-100Dと、ベランダの仮設モノバンドモービルホイップだけど、バンド内で1局〜2局くらいしか聞こえず、しかもカスカス。




それでも土曜日の午後までにアジアロシア、中国、韓国となんとかQSO。夕方までにニュージーランド、サモア、グアムはゲットできた。けどこれで終わり。いつもなら夕方からEUが入感するのだが、今回はまったく聞こえず。WPXのときは夜中に開けたと聞いていたので、頑張って0時半頃までワッチしてみたけれど、1局も聞こえず。

日曜日の早朝に北米を期待したけれど、Sメーターが振らないカスカスな信号が2〜3局で、とても交信できる強さではなかった。

日曜日の昼間はいばらきハムの集いに参加した。4年ぶりかな。



これまでのDXコンテストで最悪のCONDXだったんじゃないかなぁ。ローカルのOMさんに聞いたらやはり21MHzはダメだったとおっしゃっていたので、自分だけではなかったようだ。14MHzはそこそこ開けたそうなので、短縮率は気になるけれど、14MHzのモービルホイップも用意した方が良いのか…。

aacw2016.jpg

【過去のAll Asian DX CWコンテストの様子】
2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:26| Comment(0) | アマチュア無線

2016年05月30日

アマチュア無線(CQ WPX CWコンテスト2016)

CQ WPX CWコンテスト(規約)への参加は4回目。初参加の2013年には賞状をいただいている。どんなコンテスト・部門でも1位をいただいたのは今のところこのときだけ。

今回も土日とも用事があり,土曜日の夕方からと,日曜日の早朝とお昼前だけ参加。

設備はFT-100Dとベランダに仮設した21MHzのモービルホイップ。パワーは90Wで,SWRはリグのメーターで2から3コマ。ATUは持っていない。

どうせ局数は稼げないので,目標としては20局またはDXCCのnewをひとつでもゲットするという感じ。

しかしEUとの交信を期待した土曜日の夕方はさっぱり開けず。カスカスのポーランドとチェコだけ。チェコは未cfmなので期待したいけどどうかな。あとでローカルのOMさんに聞いたら,EUは夜中に開けていたそうで,残念。夜は寝てしまうのでなかなかできない。土曜日は7局で終了。

日曜日の早朝もCondxがイマイチで,北米があまり聞こえず。数少ない聞こえる局を呼んでいく。だいたいの局はこちらにそれなりの強さで聞こえていればだいたい取ってもらえるんだけど,中国,インドネシアあたりは毎回厳しくて,聞こえていても取ってもらえないパターン。日曜日の昼までに13局追加して,なんとか20局は達成。newのエンティティはなかった。

ベランダ仮設のアンテナだと気軽に周波数は変えられない(いちいち調整が面倒)し,短縮率の関係からローバンドよりはハイバンドの方がマシだと思って21MHzにしているんだけど,Condxが悪いと少しやり方を考えないといけないのかもしれない。

wpxcw2016.jpg




【過去のCQ WPX CWコンテスト】
2015年2014年2013年
posted by ソウヘイ at 19:44| Comment(0) | アマチュア無線