2018年09月30日

映画鑑賞 夏目友人帳 うつせみに結ぶ

「劇場版 夏目友人帳〜うつせみに結ぶ〜」を鑑賞。

公開初日の初回上映で舞台挨拶のライブビューイング付き。300席のスクリーンで空席60%くらい。客層は9割がた女性だったかな。LaLaの読者層を考えるとそんなものかも。

LaLaの読者というわけでもないし,SFでもないけれど,ニャンコ先生がかわいいのでアニメだけは録画して観ている。

TV版ではけっこう泣かせにくるエピソードが多いので劇場版も警戒していたけれど,ほのぼの路線であからさまな泣かせ・感動演出がなく,その点は良かったと思う。TV版含めて気に入っている点は,キーキャラクターである祖母,夏目レイコについて,友人帳の名前を返す際に過去の記憶が断片的にわかるだけで,あくまでも「過去の人」として描かれるところ。安直には「時を超えて声が伝わる」とかやりがちだけど,それをしないところが良い。

分裂小型ニャンコ先生は客寄せ的には必要だったのかもしれないけれど,ちょっとあざといというか,必然性がないというか,もっと自信を持ってストーリーで魅せてくれたら良かったのでは。

妖怪について。ファンタジーだとわかってはいても,つい考えてしまう。妖怪が見えない(一般の)人間には,妖怪が目の前にいても素通しで,背後の景色が歪むこともないし,触れることもできない。これではさすがに物理的実体があると考えるのは厳しいので,合理的解釈としては夏目(見える人)の脳内で作り出された幻覚...ということになるかな。

百歩譲って光学的に不可視の「霊的存在」を認めたとして,彼らはどういう存在なのか。一見人間のような見た目の妖怪(柊とか)もいれば,動物や昆虫が妖怪化したもの,植物(古木とか)の妖怪,信仰心などの思念が集まったものなど様々。一貫して個体寿命が極めて長いという描写があるので,繁殖したり群れたりしないというのはまあ合理的な描写かも。ただ妖怪の中にも明らかに序列や力の強弱,凶暴な個体などがある割に,知性のある弱い妖怪たちが団結したり文明化していないのはなぜなのか。そもそも妖怪は知性をどうやって獲得するのか。人間の学校に忍び込んだりして学ぶのか?人語を解することからその可能性はあるし,明らかに頭の悪そうな妖怪も居るのでそれらは勉強が足りなかったのだろう。しかし「生まれたて」の妖怪の場合はどうする。親子関係のある妖怪(子ギツネとか)はいいとして,それ以外はやはり何らかの「妖怪保育所」的な組織があるのか。妖怪が最低限の社会性を獲得するための組織的仕組みが地域ごとにあると見るべきかもしれない。

ところで「うつせみ」ってどういうニュアンスで捉えれば良いんですかね。英訳できますか?

IMG_4926_w560.JPG

参考サイト:劇場版 夏目友人帳 公式サイト
タグ:アニメ
posted by ソウヘイ at 14:59| Comment(0) | 映画

2018年05月02日

映画鑑賞 レディ・プレイヤー1

「レディ・プレイヤー1」を鑑賞。吹き替え版。

公開10日後だったけれど,ファーストデーの15時の回で78席のスクリーンがほぼ満席。ただし90%以上は男性客だったように思う。

原作「ゲームウォーズ」が抜群に面白くて,さらに監督がスピルバーグということで,あとは本作のキモとも言うべき版権関係がどうなるか,だけが心配だった。

蓋を開けてみれば権利関係もかなり頑張ったみたいで,さすがはスピルバーグという感じ。原作とはかなりネタが変わっていたけれど,あの雰囲気は充分に再現されていて,良かったと思う。

原作を読んだときにも書いたけれど,ああいうVR世界はすでにかなりの部分まで技術的には可能になってきていると思うんだけど,なかなか流行らないのは何か根本的に問題があるんだろうか。それとも自分が知らないだけで,かなりの人がすでに始めているとか?MMORPGとかやったことがないので,そういう可能性もあるのかなと。

それにしてもデロリアンがカッコ良かったなぁ。K.I.T.T搭載とかまさに夢のマシン。




参考:映画レディ・プレイヤー1公式サイト
タグ:SF A.クライン
posted by ソウヘイ at 07:19| Comment(0) | 映画

2018年04月14日

映画鑑賞 名探偵コナン ゼロの執行人

恒例のコナンくん映画は22作目。

公開2日目の土曜日,朝7:50分の初回上映で定員386の大きなスクリーンが60%くらい埋まっていたかな。

珍しく終盤近くまでアクションを控えた渋い展開で,好感が持てた。ここ数年の中では一番良かったかも。やっぱり小学1年生の体力になってしまっているはずのコナンくんの,超人的なアクションに頼る展開はちょっと...ね。

終盤のアレはまあ見せ場としては必要だったかもしれないけれど,やりすぎじゃないかなぁ。とはいえ,今回も純黒〜に続いてガンダム好きにはたまらないガンダム回であった。

今回,安室さんの愛車RX-7は壊れてしまったけれど,どうするんだろう。もう新車じゃ手に入らないから,程度のいい中古車でも探すんだろうか...。

23作目も来年GW,キッド回になりそう。




参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 21:13| Comment(0) | 映画

2017年12月09日

映画鑑賞 ガールズ&パンツァー最終章第1話

公開初日9時からの上映で,大きいスクリーン(460席)が満席。大洗から一番近い上映館ということで特別かも。

「ガルパン」は劇中の舞台が地元に近いということもあって気にはなっていたけれど,テレビ放送時に録画が失敗して途切れ途切れに視聴したらあまり印象に残らずそのままになっていた。

それを昨年末あたりからちゃんと見てみようと,TVシリーズ,OVA,劇場版をDVDで視聴。大洗にも行ってみたりして,けっこうハマったと言っても良い。







特に戦車に詳しくなったり,グッズを集めたりはしないんだけど,なんというかあの優しい世界観が良いのかなぁ。あれこれ言ってもアレなので,一言だけ。

ガルパンは,いいぞ。

garupan.jpg

ガールズ&パンツァー最終章公式サイト
タグ:アニメ
posted by ソウヘイ at 22:02| Comment(0) | 映画

2017年11月01日

映画鑑賞 世界ネコ歩き劇場版

「岩合光昭の世界ネコ歩き劇場版」を鑑賞。公開一週間後の平日上映で,お客さんは10組ほど。

基本的にはテレビ版と同様の構成で,大画面で可愛いネコたちを楽しむという猫好きのための映画。津軽のコトラ一家のその後はいろいろと込み上げてくるものもあって,涙もろい人にはキビしいかも。

あと,ネズミ好きな方にはショッキングなシーンがあるので見ない方が良いかも。

特典でポストカードと,ネコ飼いさん用にカリカリをお土産に頂いた。





【参考リンク】岩合光昭の世界ネコ歩き劇場版公式サイト
タグ:岩合光昭
posted by ソウヘイ at 20:57| Comment(0) | 映画