2016年02月07日

映画鑑賞 オデッセイ

「オデッセイ」を鑑賞。公開2日目の18:15の上映で386席のスクリーンが空席50%ほど。2D字幕版。

原作「火星の人」がとにかく面白かったので映画も期待していた。

元がかなりの長編ということもあって,良いエピソードがかなり端折られていた気もするけれど,原作の雰囲気をできるだけ再現していて良かったと思う。原作一番の見せ場(?)である(・Y・)の場面と,「モールス信号」を使う場面が削られていたのは少し残念だったかな。

あときっと選曲が素晴らしんだとは思うんだけど,自分にそういう音楽の知識がぜんぜんないというのが残念。ゲームウォーズを読んだ時もそうだけど,これ元ネタ知ってたらもっともっと面白いのにな,っていうのはある。

オデッセイという変な邦題は意味があったのか疑問。字幕版だと最後まで出てこないし。そのまま火星の人かThe Martianで良かったのでは。

【参考リンク】映画オデッセイ公式サイト
タグ:映画 SF
posted by ソウヘイ at 18:32| Comment(0) | 映画

2015年09月09日

映画鑑賞 猫侍 南の島へ行く

「猫侍 南の島へ行く」を鑑賞。

公開三日後の平日ファーストショーで,小さいスクリーンだったがガラガラだった。

そもそも上映館が今回も少なく,茨城では1箇所だけ。北関東道で走りやすい栃木の佐野まで往復260km走って観てきた。茨城は犬猫の殺処分ワーストの不名誉な県なので避けられているのだろうか。

内容はまあ予告から想像できる通り,荒唐無稽(と劇中でも言っている)。まあ玉之丞がかわいいので何でも良いのかも。でもやっぱり玉之丞は江戸の風景に合うと思うなぁ。南の島はちょっと...。

参考リンク:
猫侍 南の島へ行く 公式サイト
前作:映画観賞 猫侍
タグ:映画 猫侍
posted by ソウヘイ at 19:15| Comment(0) | 映画

2015年05月01日

映画鑑賞 王妃の館

ある時期,映画好きの友達に誘われて,ジャンルを問わず1年間ほど映画を見まくったことがあった。しかしそれ以降はほとんど映画を観る機会がなくなり,結婚後はコナンくんやSFなど年に数回観るという感じ。

SFでもアニメでもない映画は本当に久しぶり。定員120人ほどの小さめのスクリーンで,平日のファーストショーで空席は80%ほど。お子様はいなかった。

原作は上下巻の長編小説だそうで,2時間の映画だとかなり大胆に端折っているのではないかと想像。原作付きの映画というのはいくつか観たけれど,原作に比較的忠実に映画化できるのは短編小説くらいの長さまでではなかろうか。

暗いのや痛いのは苦手なので,平和なストーリーでハッピーエンドで良かったと思う。

【ご参考】映画「王妃の館」公式サイト


posted by ソウヘイ at 18:45| Comment(0) | 映画

2015年04月18日

映画鑑賞 名探偵コナン業火の向日葵

恒例のコナンくん映画も19作目。原作の青山さん入院のニュースもあり体調が心配。

今回は公開初日,18時の上映回で空席は20%ほどでけっこう頑張っていた。ただし小さめのスクリーン。同日公開のドラゴンボールは大きなスクリーンで人も多そうだった。

2010年以来の怪盗キッド the Movieだったかな。その前にキッドが映画に出たのは2006年かな。

内容はなかなか良かったと思う。ただ,ゲスト声優はなぁ。話題作りに使いたいのはわかるけど...

順調に(?)20作目もあるそうなので,来年も元気に観に行けるように頑張りたい。

参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 22:54| Comment(0) | 映画

2014年04月19日

映画鑑賞 名探偵コナン異次元の狙撃手

恒例のコナンくん映画。18作目。生きて結末が見られるのかそろそろ心配になってきている。

公開初日の初回上映で,空席は50%ほど。土曜の朝一というのは親御さんが対応できないのかもしれない。

なんとなく劇場版は本筋(テレビ放送)とは切り離されたストーリーになるのかと思っていたが,今回は結構本筋とも絡む重要なエピソードだったように思う。キャラクターも新しいレギュラーメンバーが登場していたし。

狙撃ネタはけっこう面白かったけれど,強風とか気象条件が厳しい場合にはいくら精密狙撃ライフルでも人間には難しいんじゃなかろうかと,攻殻なんかを読んでいると思う。

毎度毎度コナンくんはおおっぴらに例のスケボーでかなり無茶をしているけれど,警察はいい加減にあれは没収した方が良いんじゃなかろうか。危険すぎるし,阿笠博士は道交法違反とか電波法違反とかいろいろマズいと思う。

参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 18:10| Comment(0) | 映画