2016年12月31日

2016年総括

2011年3月11日の東日本大震災から5年9か月。もう5年以上経ったのだから,この書き出しは止めようか...と思っていたら,年の瀬も押し迫った12月28日に震度5強の地震。3.11の震災後,当地では地震活動が活発で震度3程度の揺れはけっこう頻発していたのだが,さすがに震度5強は久しぶりだったかな。猫の飲み水は盛大にこぼれ,都市ガスはメーターが自動閉止した。今回も3.11の余震とのことで,まだまだ気を抜けない感じ。

当サイトの方はブログのネタを更新する程度で今年も大きな変化はなし。さくらのブログを使い始めてからは3年5ヶ月。2017年にはWindows95のノートPCで日記をつけ始めて20年になるし,2018年には地元のプロバイダと契約してホームページを開設して20年ということになる。

アマチュア無線はサイクル24(太陽活動の活発期)がピークを過ぎて3年ほど経ち,HF(短波帯)の伝搬の悪化が顕著となってきて,うちのような貧弱な設備ではなかなか厳しい局面に入ってきた。だから,というわけでもないけれど,昨年通勤と遊び用に買った中古のサンバーバンクラシックに無線の移動運用ができるようにいろいろと(あまりお金はかけずに)工夫をして,電離層反射の関係ないUHF帯をメインに,少し高いところに移動して交信を楽しむことが多かった。

資格の勉強については,進行中のプロジェクトはあるものの,記事にまとめられるようになるのはまだまだ先かな。一方でかんなさん(奥様)の方は,この1年で一陸技,危険物乙四,職業訓練指導員(電子)と,順調に資格取得を進めているけれど,いったいどちら向きに進んでいるのかはよくわからない。

アコースティックギターの弾き語りは,今年もなんとか年に一度の発表会だけは参加できた。ちょうど発表会前に風邪をひいてしまって,本番はどうにか乗り切ったものの,まったく声が出なくなってしまって,治ってからも何かと忙しく恒例の録音はまだできていない。この年末年始もあっという間に終わりそうだし,いつになったら公開できるだろう。とにかくギターに触らないとすぐに弾けなくなってしまうので,できるだけ毎日3分でもいいから触るようにしている。

猫のピートは11歳デルタは9歳になった。幸いどちらも元気で,ピートは正確無比な腹時計で毎日就寝後きっかり5時間経つと起こしに来てくれるし,デルタは昼間ひたすら寝てエネルギーを蓄えて夜中に活動する作戦をとっているため,人間は寝不足気味である。そろそろシニアなので,ブラッシングを多めにしてあげている。

サンバーを買って1年の記事にも少し書いたけれど,この愛すべきアナログポンコツカーを買ったことによって,パジェロを降りて以来すっかり失ってしまっていたクルマへの興味が呼び覚まされた感じ。サンバーは本当にどうしようもなく遅いし,乗り心地は最悪だし,温まるまでエンジンは止まりそうになるし,車内はうるさいし,夏は暑いし,冬は寒いし,あちこちサビだらけなんだけど,でもとにかく乗っていて楽しい。笑える。これぞFun to Driveじゃないか。休日かんなさんと出かけるときも,安全性から言えばポロを選ぶのが当然なのにも関わらず,ついサンバーに乗っていたりすることが多い。

sambar_pedal.jpg

しかしスキルもガレージもない身ではそろそろ19年落ちになるサンバーをいつまでも維持できるわけもなく,ポロだってあと3年後には後継を考えなくてはいけない。一度サンバーみたいな笑える車を経験してしまうと,次もやっぱり楽しい車に乗りたくなる。そんな感じで,「楽しそうなクルマは何か」という視点で新車や中古車を眺めてみると面白い。いつになるかわからないけれど,次の買い替えもサンバーに負けない笑えるクルマを選びたいところ。

読書は今年もちょっと低調だったかな。Kindleの積ん読は溜まっていく一方。勉強時間をひねり出すには読書の時間を削るのが一番手っ取り早いのでどうしてもそうなってしまう。

そんな中での今年のベストは,僅差で「オービタル・クラウド」かなぁ。イーガンの直交3部作が今ひとつストライクゾーンから外れている感じなのが残念。今年読んだ本は下記。

【SF】
しあわせの理由(G.イーガン) Kindle版(再読)
クロックワーク・ロケット(G.イーガン) Kindle版
汝、コンピューターの夢<八世界>全短編1(J.ヴァーリイ) Kindle版
さようなら、ロビンソクルーソー<八世界>全短編2(J.ヴァーリイ) Kindle版
中継ステーション[新訳版](C.D.シマック) Kindle版
魔法の色を知っているか?(森博嗣) Kindle版
ラグランジュ・ミッション(J.L.キャンビアス) Kindle版
白熱光(G.イーガン) Kindle版(再読)
ガンメタル・ゴースト(G.L.パウエル) Kindle版
SFのSは、ステキのS(池澤春菜,COCO) Kindle版
BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女(上・下)(山本弘) Kindle版
カエアンの聖衣[新訳版](B.J.ベイリー) Kindle版
TAP(G.イーガン) Kindle版
プロジェクトぴあの(山本弘) Kindle版
エターナル・フレイム(G.イーガン) Kindle版
アリスへの決別(山本弘) Kindle版
オービタル・クラウド(上・下)(藤井太洋) Kindle版

【ミステリ】
情報系女子またたびさんの事件ログ 暴走ロボットアームとひきこもり少女の相関(日野イズム) Kindle版
情報系女子またたびさんの事件ログ(日野イズム) Kindle版
χの悲劇(森博嗣) Kindle版
Xの悲劇(E.クイーン) Kindle版
神様が殺してくれる(森博嗣) Kindle版

【ご参考】
2015年総括
2014年総括
2013年総括
2012年総括
2011年総括
2010年総括
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

Pete and Delta
posted by ソウヘイ at 08:39| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年12月06日

MacBookProその後(6年経過)

メインマシンのMacBookPro15インチ(Mid2010; MC371J/A)を買って6年が経過した。

OSはSierra(10.12)が出てすぐにアップデートしてある。Sierra対応のハードとしては最古モデルとなってしまっただけあって、さすがに限界が近づいている感がある。

ストレージは1TBのHDDがまだ半分以上空いているのでその点は心配ないのだが、8GBのメインメモリが割とすぐにキャッシュに退避し始めたり、「ファイルを開く」動作でリストが出るまでしばらく待たされる、スリープからの復帰が遅い、などの症状が出ている。

定番のDisk First Aidなどもやってみたけれど、あまり変わらず。一度データを退避してクリーンインストールすればスッキリしそうな気はするんだけど、データが大きすぎて実際にやるとなると厳しい感じがする。

/mbp201612.jpg

パソコン更新の過程で捨てたデータもずいぶんあるけれど、それでもHDDに保存してある写真は5万枚以上、音楽も10GB近くあるし、どうしたら良いのか途方に暮れている、というかあまり考えないようにしている、というのが正直なところ。

最近はデータはクラウドに置いて、本体は小さめのSSDで、オンライン前提で使うのが主流みたい。先日買った格安2in1はまさにそんな感じ。しかしさすがに数百GBのデータをクラウドに置くのは2016年時点では非現実的。自宅の回線は16Mbpsなので、理論速度が出ると仮定しても、500GBのデータをアップロードするのに丸3日もかかってしまうし、そもそもそんな大容量のクラウドを借りたらいくらかかるか…。

と、考え始めると新しいMacBookProに更新するモチベーションがなかなか高まらない。

データの件をひとまず棚上げするとしても、新型MBPは高い。今使っているモデルは、とりあえず安めの機種を買って、メモリやHDDを自分で交換・増設して長く使い続けることができた。それに対して新型はメモリやSSDは交換不可である。となると最初からBTOで増やしておく必要があり、15インチだと34万円、13インチでも29万円とかになってしまう。冗談ではなく中古で車が買える

一応、無料で使えるGoogleフォトにHDD内の写真をアップロードし始めた。5万枚アップロードするのにいったい何日かかるのかわからないけれど…。無料だと非可逆圧縮されてしまうけれど、消えてしまうよりはずっとマシ。

その上でサブ機としてWindowsの格安2in1を買って、無線関係や出先の書き物はこれで対応できるようにした。

こうしておけば突然今のMBPが壊れたとしてもダメージは最小限だろう。今のMBPの老体に鞭打ちながら、後継をどうするかじっくり考えたい。

Delta
タグ:MacBookPro
posted by ソウヘイ at 20:59| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年12月04日

年末の買物 格安2in1パソコン

昨年MacBookPro(15" MID2010)の更新を見送ったので,もう丸6年使い続けていることになる。待望の新型MacBookProは気になっているけれど,ドラスティックなインターフェースの刷新(USB-Cのみ)や,その過剰な薄さ(猫が乗っても壊れないかどうか心配),何よりそのコストに尻込みしてなかなか更新できずにいるところだ。更新したらまた5年以上使うとすると,余裕を持ったスペックが必要だし,新型MBPはメモリやSSDの交換・増設ができない設計であることを考えると,30万円もする最高スペックの機種になってしまう。

そんなとき,ツイッターで「ドンキホーテがオリジナルの格安2in1パソコンを出した」との情報が流れてきた。2in1パソコンという呼び方をこのときまで知らなかったのだが,タブレット状の本体とキーボードが分離できるようになっていて,タブレットのような使い方とパソコンのような使い方の両方が1台でできる,ということらしい。

2in1パソコンの相場もピンキリで,国産の上位機種だと10万以上,中国製のもので3万円以下からある。そんな中,ドンキホーテのモデルは通販では扱っていないものの,19800円と破格らしい。スペックはさすがに高級機種と比べられるレベルではないけれど,Windows10 home 64bit,メモリ2GB,ストレージ32GB(eMMC)と,モバイル用途としてはなんとか使えるレベルでは,と思った。

現状アマチュア無線関係のソフトはWindows版ばかりで,Macだけでは困るので,MacにVirtual Boxという仮想化ソフトを入れてそこにWindows10をインストールして使っている。これだとやっぱり不便なこともあるので,2in1でハムログやCTESTWINなど軽いソフトを使ったり,外で書き物をする用途としてドンキの2in1を買ってみることにした。

/donki2in1.jpg

余計なオマケソフトが入っていないのはシンプルで良い。気になったのはキーボードの打ちづらさ。普段MBPを使っているとこの打ちづらさはけっこうきつい。それでもまあ,最低限の用途ならなんとか実用にはなるかな。このブログ記事もカフェに2in1を持って行って書いている。タッチパッドも小さくて使いづらいので,パソコンとして使うならマウスもあった方が快適。

バッテリーのヘタりとか,長期的にみると不安要素満載だけど,まあ2万円で最新OSに対応したパソコンが買えると思えばこれはこれでアリかと思う。

使い勝手についてはまた追々レポートしたい。
タグ:Windows 2in1
posted by ソウヘイ at 16:17| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年08月28日

スマートフォン更新 iPhoneSE

ガラケーからiPhone5に機種変をしてスマホデビューをしてから3年半経った。

やはり慣れてしまうと手放せないもので、日々便利に使っている。

たまたま1年前に電池を交換してもらったので、端末的にはまだまだ使えそうな感じだった。

しかし、サンバーを買って自家用車2台体制となり固定費が増えた関係で、2人分のスマホ通信料がかなり気になってきた。

格安SIMを使っている人もだいぶ増えてきて、少し調べたりしてみたものの,iPhone5(無印)は古すぎてそのままではSIMを差し替えて使用することはできないらしい。またSIMフリーのiPhoneをAppleから買うと5万円以上する。さらに、auの割引プランの縛りで、2年に一度の更新月が過ぎてしまっており、今MNPで出ようとすると解除料を取られてしまう。そんなわけで、まだしばらくこのままキャリアを使い続けるしかないかなぁ、ということになった。

それならポイントも貯まっているし、いずれSIMロック解除して格安SIMで使うこともできそうなiPhoneSEに機種変更しておこうか、という気持ちになった。ついでに料金プランも見直して、少しでも固定費を削減できないか精査することにする。

まずこのiPhone5無印64GBを買った時は、LTEプランというのしか選べず、これがデータ使い放題で高かった。最近は短時間通話とデータ量に応じたプランがあって、毎月の通信量がだいたい2GB超なので、3GBのプランにすれば1000円くらいは安くなる計算。あと役に立たないスマートパスなんちゃらは外す。

料金シミュレータで検討した結果、一番安いiPhoneSE16GBで、今の端末を下取りしてもらうなどすれば、機種変更しても月額料金が下がることがわかった。

手続きは全てオンラインで。店舗に行くと待たされるし、前回も在庫がないとか言われて大容量のものを買ってしまった反省あるので。

在庫確認に1日、本申込後の審査に1日かかって、発送。申込みから4日後には新しい端末が送られてきた。

新しいSIMが入っていなくてちょっと慌てたけれど、古い端末のものをそのまま挿せば良いみたい。手続きも何もなしで使えるようになっていた。

さらに2日後に本人限定受取郵便で旧機種の下取り用返送セット(レターパックライトの箱と梱包材)が届いて,iPhone5をリセットした上で詰めてポストに投函して手続き完了。

iphonese.jpg

手こずったのはデータやアプリの移行。64GBから16GBにケチったので、iTunesから復元したら容量不足でエラーが出てしまった。音楽を自動で同期しないように設定して、iTunesを再起動したりしたらなんとかできた。

アプリはそのままだとグレーアウトして使えないものがけっこうあって、これはダウンロードし直す必要があった。

あとは大きさも従来と変わらないし,操作感も変わらず。動作が速くなったのと,指紋認証は便利。今さらだけどこの速度と精度で指紋認証するのはすごいなぁ。一昔前は指紋認証って大げさな装置を使っても精度がイマイチだったように思う。

歩数も数えてくれるので,今まで持ち歩いていた歩数計は不要になるかな。

でも全体としてはインターフェースが全く変わらないので,ちょっと拍子抜けくらいかも。iPhoneが出てからもうずいぶん経つけれど,スマートフォンのインターフェースってこれでもう改良の余地なし,というレベルまで成熟したのかなぁ。なんとなくそんなことはない気がするけれど。

カメラの性能などは追々試していきたい。

一緒に買った手帳型のケースは,カードが2枚入ると書いてあったのに,2枚入れたらフタが閉まらなくなってしまう。これはイマイチだったかも。

posted by ソウヘイ at 08:10| Comment(0) | パソコン・インターネット

2015年12月31日

2015年総括

3.11の東日本大震災から4年9ヶ月。そろそろ余震は心配しなくても良いのかな。たまにゴゴゴっと地鳴りが聞こえて身構えることはあるけれど,ほとんど揺れないような感じ。原発事故の放射線は昨年からほとんど変化なし。常磐道は仙台まで開通したけれど,まだ走っていない。

当サイトの方はブログのネタを更新する程度で今年も大きな変化はなし。さくらのブログを使い始めてからは2年5ヶ月。トラブル等はなく順調。

アマチュア無線は年明け早々にセカンドシャック(かんなさんの実家)にFT-1021Xで200W固定局の免許が下りて,HFの国内コンテストに固定局として参加ができるようになった。ただし実家は電源が弱いのとラジオにインターフェアが出るため,パワーはせいぜい25Wくらいの運用。それでもFT-817のQRPと比べるとだいぶやりやすくなったかな。7MHzのCWでCQを出して呼ばれるという経験もできた。

キャンプ用のポールを使って自力で移動運用もできることがわかったし,セカンドカーのサンバーを使えるようにもなったので,今後は少し移動運用の機会を増やしていけたら良いと思っている。

1アマを取った流れから,ずっと気になっていた資格である第三種電気主任技術者(電験三種)の試験勉強を4月から8月にやって,なんとか一発で合格することができた(受験記 前編後編)。この調子でまた何か勉強したいという思いもあるけれど,受験記にも書いたようにとにかく会社に行きながら勉強するというのはかなり大変。なのでモチベーション次第かな。

denken3shu.jpg

アコースティックギター弾き語りは,今年は年1回の発表会にはなんとか参加できたけれど,全体としては低調だった。やはり時間は有限なので,何かを頑張ったら他の何かを犠牲にしなくてはいけない。ギターも,さらに低調なフルートの方も,練習は楽しいのでもう少し活動できると良いんだけど。

猫のピートは10歳デルタは8歳になった。ピートは特にカメラを構えるとスリスリと甘えてきて,写真が撮りづらくなってしまった。歳も歳なので,最近はできるだけ撫でたり構ったりするようにしている。アメブロの方も不定期更新にした。

電験三種と並んで今年の大きなトピックとしては,通勤用のセカンドカー,中古のスバルサンバーのクラシック(5MT)を買ったことが挙げられる。購入記もその1その2その3その4その5と大長編になり,自分でも非常に力の入った出来事であった。

通勤でほぼ毎日サンバーに乗っているけれど,MTの操作は難しく,日々もっと上手に,スムーズに走らせるためにはどうしたら良いかを考えながら走っている。朝の気温が一ケタ台になったら,セルを回して一発で始動はするものの,オートチョークのアイドルアップに移行する前に止まってしまうことがあって,再度セルで始動させると次は大丈夫,という感じの症状が見られる。

2〜3分ほど暖機してスタートするようにしているけれど,しばらくは2速に入りづらかったりして,古い車は生き物というか,対話しながら乗りこなす面があって,面倒なんだけれどそこがまた楽しい。なのでせっかく納車のときにサービスでCDデッキも付けてもらったのに,ほとんどラジオもCDも聞かずにエンジン音を聞いて走っている。

モービル無線機の取り付けについては近々記事にしたい。

sambar_meter.jpg

読書はKindle Paperwhiteが購入後3年経って,小説はすべてKindleで買っている。イーガン作品を中心に,すでに持っている文庫をKindle版で買い直している。

今年読んだ本は下記。読書の時間の多くを電験三種の勉強に振り向けたため,今年は少なめで再読も多かった。ベストは「ゲームウォーズ」かな。マイナーな作品だけどこれはツボに入る人にはとても楽しめると思う。

【SF】
巨人たちの星(J.P.ホーガン) Kindle版(再読)
みずは無間(六冬 和生) Kindle版
白熱光(G.イーガン) Kindle版
イリアム(上・下) (D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス1(D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス2(D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス3(D.シモンズ) Kindle版
全滅領域 サザーン・リーチ1(J.ヴァンダミア) Kindle版
天冥の標<1> メニー・メニー・シープ(上・下)」(小川一水) 文庫版(再読)
天冥の標8 ジャイアント・アーク Part2 (小川一水) Kindle版
神への長い道(小松左京) Kindle版
ゼンデギ(G.イーガン) Kindle版
祈りの海(G.イーガン) Kindle版(再読)
ゲームウォーズ(上・下)(A.クライン) Kindle版
順列都市(G.イーガン) Kindle版(再読)
UFOはもう来ない(山本弘) Kindle版
彼女は一人で歩くのか?(森博嗣) kindle版
ディアスポラ(G.イーガン) Kindle版(再読)
臨機巧緻のディープ・ブルー(小川一水) Kindle版
ひとりっ子(G.イーガン) Kindle版(再読)

【ミステリ】
フォグ・ハイダ(森博嗣) Kindle版
ヴォイド・シェイパ(森博嗣) Kindle版(再読)
ブラッド・スクーパ(森博嗣) Kindle版(再読)
スカル・ブレーカ(森博嗣) kindle版(再読)
フォグ・ハイダ(森博嗣) Kindle版(再読)
サイタ×サイタ(森博嗣) Kindle版

【ご参考】
2014年総括
2013年総括
2012年総括
2011年総括
2010年総括
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

Pete and Delta
posted by ソウヘイ at 09:17| Comment(0) | パソコン・インターネット