2016年10月20日

工作 山本式スーパーバイノーラルコンペンセータを作る

イヤホン(ヘッドホン)で音楽を聴くときに、音の頭内定位が気になったことはないだろうか。

つまり、頭の中心で音が鳴っているように感じないだろうか。両耳にイヤホンを着けているんだからあたりまえじゃん、と思うかもしれないけれど、本来音楽はカラダの外にある楽器なり声の音を聴くわけで、音源が頭の中にあるのはおかしい。

かんなさんにも聞いてみたけれど、特に変だと感じたことはないそうだ。なので頭内定位が気になるかどうかは人によるのかもしれない。

これは仮説だけれど、バイノーラル録音(ダミーヘッドマイクによる録音)のコンテンツをイヤホンで聴いたことがある人には、その音場の自然さや臨場感が、普通の音楽をイヤホンで聴いた場合とは根本的に違うことがわかってもらえるのではないだろうか。

そこで、最近アマチュア無線関係で電子工作も少しやるようになったので、以前から気になっていた「山本式スーパーバイノーラルコンペンセータ(SBC)」を作ってみることにする。

理論や回路はもう20年近く前のコンテンツになるけれど、オリジナルの「山本式スーパーバイノーラルコンペンセーターのナゾ」を参照いただきたい。

抵抗の値だが、オリジナルは300Ωくらいのハイインピーダンスのヘッドホンを想定しているようで、50〜100Ωが至適としている。けれど、自分の持っているイヤホンは16Ωなので、5〜8Ωくらいになるだろうか。

ということで、こちらが試作1号機。抵抗値は間をとって6.8Ωとした。

IMG_3234_w500.JPG
IMG_3235_w500.JPG

これを通して聴いてみると、確かに音が頭の外側まで広がっているように感じる。バイノーラル録音だと前後位置まで再現されるけれど、さすがにそこまでは無理で、単純に左右に音場が広がっている印象。

ただしソースによって効果があるものとあまり感じられないものがあり、ライブ盤などはけっこうわかりやすい感じ。この辺の考察もオリジナルのサイトでされている。

せっかくなのでボリュームで抵抗値を可変できるようにしてみようと、秋葉原で部品を調達。10Ω前後の低抵抗のボリュームは見当たらなかったので、10Ωの抵抗と100Ωのボリュームを並列にしてみた。合成抵抗はリニアではなくなってしまうが、0〜9Ωまでは連続可変できるはず。

こちらがその2号機。隣にあるのは秋葉原でついでに買ってみた秋月のヘッドホンアンプのキットを組み立てたもの。

IMG_3323_w500.JPG
IMG_3328_w500.JPG

並列抵抗とした特性上、ボリュームを0(SBC OFF)から少し回しただけで抵抗値が急激に上がるためなのか、0位置から少し動かすと音量がやや下がり、音場が広がる効果が出て、その後抵抗を上げていってもあまり効果は変わらないという印象。

SBC ONの状態からOFFに戻すと効果がわかりやすく、音場がぎゅっと圧縮されるイメージ。全体的にSBC ONの方が疲れない感じ。これだけでも作った甲斐があったかな。

本当はヘッドホンアンプに抵抗を内蔵して,SBC内蔵アンプにしたいのだけど,基板に部品が密集している上にケースがぎゅうぎゅうなのでどうしようか考えている。

SBCのことは以前から気になっていて、なぜ今頃になって作ってみようかと思ったかというと、電子工作へのハードルが下がったことがひとつ。あとは最近スマホで音楽を聴く人が増えたのと、ハイレゾ音源の普及なんかも関係しているのか、USB DACだとかポータブルヘッドホンアンプの話をよく聞くようになった。左右チャンネルの分離を良くするために、バランス駆動にするなんていうのも見た。

でも待ってほしい。いかにハイレゾ化して、DACやアンプやヘッドホンに良いものを使って原音に忠実なHiFiを実現したとしても、そもそもヘッドホン向けに録音されていない普通の音源を聴く以上、頭内定位や狭い音場の問題はまったく解決されない。これはオリジナルのwww.tomoya.comで指摘されている通りで、その後20年も経っているのに根本的には何も変わっていない。

「ヘッドホンで聴いているんだから音が頭の中で聞こえるのは当然」という思い込みがあって、不思議に思う人が少ないためだとは思うけれど、周波数特性の前に気にすることがあるんじゃないかな、と思って。

一番良いのは、これだけスマホとヘッドホンで音楽を聴く人が増えたのだから、音源をスピーカー用とヘッドホン用で分けて、ヘッドホン用はバイノーラル録音で売ってもらうこと。もちろん楽器別に録音してミックスするような構成や打ち込みでは難しいだろうけど、オーケストラだとかバンドのライブ録音なんかでは不可能ではないと思う。
タグ:工作
posted by ソウヘイ at 21:35| Comment(0) | 音楽

2015年12月06日

アコースティックギター弾き語りその後(発表会13回目)

久々の音楽ネタ。

アコースティックギターの弾き語りを習い始めて,年が明けたらもう丸7年になってしまう。いつの間にそんなに経ったのだろう,という感じ。まあアマチュア無線を始める前からやっていたのでそんなものかもしれない。

この1年は個人レッスンではなくて,最初の頃と同じように先生のいるギタークラブという感じでやっていたのでまあ上達はしないけれど,気負わずに気楽に続けてこられた。

発表会では夫婦のユニットで1曲(冬が来る前に)と,かんなさんのお母さんも一緒にファミリーで1曲演奏した。ファミリーの方は私が猫オカリナを前奏,間奏,後奏で吹かせてもらった。

夫婦ユニットの方はちょっと難しい曲を選んでしまって,練習期間があった割に完成度を上げられず。次回はもう少し考えたい。ギターの難易度もさることながら,ボーカルは私の音域が狭いせいで曲によってはオリジナルらしさを出すのが難しいことも多い。今回も本当は男性ボーカルのキーがもう1オクターブ上なのだけど,出ないので微妙な感じになってしまった。

【冬が来る前に】


【参考記事】前回の発表会
posted by ソウヘイ at 20:16| Comment(0) | 音楽

2014年11月09日

アコースティックギター弾き語り(発表会12回目)

アコースティックギターの弾き語りを習い始めて5年半。半年ごとの内輪の発表会への参加も12回目となった。生徒さんたちの高齢化という事情もあり,半年ではインターバルが短すぎるということで,次回は1年後の予定。また出ることができるだろうか。

今回も教室に行ったのは1回だけで,あとは音源を先生に送ってアドバイスをもらったりして仕上げた。

発表会直前の練習では,マイクやアンプをつないで,マイクの前で歌う練習もした。アコギなので練習は生音でももちろん出来るけれど,発表会はマイクを使う。いざ本番というときに目の前にマイクがあると,コードを押さえる手元を見るときにマイクから口が離れてしまったり,マイクのせいで譜面が見辛くて間違えたりということがあるのをこれまでの経験で学んだので。

この練習はなかなか良かったようで,メインボーカルのかんなさんは今回は手も震えずバッチリだったと思う。できればマイクとスタンドをもう一本と,ミキサーを買って二人で練習できるように環境を整えたいところだけれど,置き場所もないし自前の機材でライブをするわけでもないので難しいところ。

12回発表会に出たということは,1回あたり最低2曲は練習しているので,レパートリーは24曲以上あるはず。なのだが,毎回発表会が終わるたびに綺麗に忘れてしまっている。最初の頃にやった曲とか,もっと完成度を高めて再チャレンジしたいと思うこともあるけれど,なかなかゆとりがない。

せっかくオカリナも作ったので,何かコラボ企画も考えたいところ。

録音は発表会の一週間前に野外で練習したときのもの。野外で演奏するのは気持ち良いけれど,周りに迷惑をかけず,車で道具を運べて,かつ人が少なくて恥ずかしくない場所を探すのが大変。今回の場所はなかなか良い条件だったが,動画を見てもらえればわかるように,風が強くてウィンドスクリーンを付けても風の音が入ってしまっている。

【雨の物語】


【参考記事】前回の発表会
posted by ソウヘイ at 20:44| Comment(0) | 音楽

2014年08月13日

夏休みの工作 猫型オカリナ<塗装仕上げ編>

成形編からの続き>

オカリナの先生から素焼き調律済みの猫型オカリナが届いた。あとで自分で塗装するつもりだったので、釉薬は使わずにザラザラした表面の仕上がりである。

ocarina08.jpg

さて、遺憾ながら塗装は小学生のときにプラモデルの塗装に失敗して以来少々トラウマがある。今回はうまく塗れるだろうか。パソコン上で簡単にイメージを決めて,鉛筆で下書き。

ocarina08a.jpg
ocarina09.jpg

塗料は、先生によるとアクリル絵の具でも油性マジックでもなんでも良いよ、とおっしゃるのだが、どうしたものだろう。

とりあえず大きなホームセンターに行って探してみたら,トールペイントなどに使うアクリル絵の具のセラムコートが値段も手頃で良さそうな感じ。必要そうな色と筆と,ペーパーパレット,陶芸用の光沢仕上げ剤(食器にも使える安全なもの)を買ってきた。

アクリル絵の具なんて使ったこともなかったし,そもそも立体物の塗装なんて本当に小学生のプラモデル以来だったけれど,セラムコートは意外と塗りやすく,しかも10分ほどで乾くので,小学生にありがちな「乾くのを待ちきれずに触ったり次の行程に進んでしまい,ぐちゃぐちゃ。。。」みたいな失敗はせずに済んだ。

ocarina10.jpg
ocarina11.jpg
ocarina12.jpg

ただ,なんというのかセンスが小学生並みなのは毎度のことでご容赦願いたい。

仕上げ剤を二度塗りして完成。自分で作った楽器というのは愛着もわくし,ぜひオカリナも少しは吹けるくらい練習したいと思う。

ocarina13.jpg
ocarina14.jpg

参考リンク:かんなさんのオカリナ製作レポートにゃんこーず:猫オカリナ作成 その2
posted by ソウヘイ at 15:54| Comment(0) | 音楽

2014年08月10日

夏休みの工作 猫型オカリナ<成形編>

長らくお世話になっているギター教室のつながりで、オカリナアートJOYさんのところにオカリナを作りに行くことになった。

普通の形のオカリナでも、自分の手に合わせて一点もので作れるならそれはもちろん素晴らしいことだけれど、今回はせっかく粘土をこねるところからやらせてもらうということで、猫型オカリナ作りに挑戦した。

オカリナは、つまるところヘルムホルツ共鳴器なので、音の高さは空洞の容積と、指穴を含めた開口部の面積の総和で決まる。したがって管の形や指穴の位置は比較的自由に変えられるのだ。これは他の楽器にはない面白い点だと思う。

先生が重さを量って、粘土の分量を決めてくれて、あとはモデル(にゃんこ先生のぬいぐるみ)をイメージしながら形を作っていく。

ocarina01.jpg
ocarina02.jpg

中の空洞はどうやって作るのかと不思議だったが、形を作ってから細いピアノ線で粘土を真っ二つにして、内部をくり抜いて指穴を開けたあと元通り貼り合わせる。このときに継ぎ目を目立たないように仕上げるので、完成品を見ても作り方がわからなかったのだ。

ocarina03.jpg
ocarina04.jpg

歌口の部分は素人が作ると音が出ないので、先生に加工してもらい、それ以外の部分(形作り、くり抜き、指穴穴開け、貼り合わせ)は自分の手でやらせてもらうことができた。

ocarina05.jpg
ocarina06.jpg
ocarina07.jpg

乾燥して窯で焼くところや、調律については先生にお任せ。自由な形状の場合は普通のオカリナよりも指穴などの制限で音域が狭くなるかもしれないよ、と事前に言われていたけれど、出来上がったものは12穴でA2からF4まで出せる標準的なアルトC菅と同じ音域となっていた。先生が頑張って調整してくれたようで、感謝である。

ちなみにかんなさんが作った方はG管で、こちらも一般的なG管と同じ音域が出せる。

塗装仕上げ編につづく>

参考リンク:かんなさんのオカリナ製作レポートにゃんこーず:猫オカリナ作成 その1
posted by ソウヘイ at 18:57| Comment(0) | 音楽