2017年10月28日

VWポロその後(バッテリー突然死2回目)

9Nポロは走行8.7万キロ。かんなさんから、バッテリーが上がったみたいだとヘルプ。

こんなときのために、というわけでもないけれど、ポータブルバッテリーがある。ということで、付属のコードを接続して始動できた。

充電するためにしばらく走ろうかと出発したところ、どうも不安定で、警告灯が全点灯して100mほど走ったところでエンジンがストップ。路上で止まってしまった。ハザードも点かないのでかなり焦ったけれど、幸いそれほど交通量のない時間帯だったので事故にはならずに済んだ。

初めて使う三角表示板を出して、かんなさんが後続車を誘導している間に再度ポータブルバッテリで始動を試みるも、ポータブルバッテリーを外すと止まってしまう。

これはダメだ、ということでJAFにロードサービスを要請。40分ほど待たされて、車載車が到着。点検してもらうと、オルタネータの発電電圧は正常だが、バッテリーの充電電流がゼロで、完全に死んでいるみたい。ポータブルバッテリーで一時的に始動できても、バッテリーが機能しないため不安定となり、止まってしまうようだ。

このバッテリーは純正(Excide製)で、2年前にも同様の突然死で交換したもの。全く同じ2年で故障してくれた。わずかに保証期間が過ぎているのも同様。品質管理がよくできているというのかなんというのか…。ディーラーで毎回点検してるんだから,せめて次の点検まではちゃんと動いてほしものだと,ちょっと不信感。

バッテリーの突然死は兆候もないので対策も取れない。ポータブルバッテリーを積んでいてもどうしようもないということが今回よくわかった。

自走できないのでJAFに車載してもらって,自宅まで戻してもらった。近所のスタンドに聞いてみたが輸入車用のバッテリーは置いていないとのこと。

翌日かんなさんが保険会社の無料ロードサービスを頼み、ディーラーまで車載してもらい、バッテリー交換。JAFよりも保険会社の方が提携しているところが多く、5分ほどで来てもらえる。安くない年会費を払っているのだから、JAFはもう少し頑張ってほしいものだ。

純正バッテリー交換と点検は工賃込みで3万円。

ハイブリッドや電気自動車の普及が進んでいるけれど、こういうことがあるので電池はイマイチ信用できないんだよなあ。

IMG_4811_w500.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 16:44| Comment(0) |

2017年10月11日

VWポロその後(リヤゲートダンパー交換)

ポロ9Nは購入後もうすぐ8年,走行距離は8.6万キロ。かんなさんの普段使いと,人を乗せたり長距離用に活躍している。

人間の感覚というのは当てにならないもので,サンバーとポロを乗り比べると,ポロはどっしりしてハンドルも重いし安定感があるなぁ,なんて思ったけれど,ロードスターと乗り比べると,ポロはロールが大きいしハンドルは軽くてヒラヒラ走るような印象になる。

走行性能は今のところ劣化は見られないけれど,ドアのヒンジがキコキコ鳴ったり,リヤゲートダンパーがヘタってきたりと,良い感じにポンコツ感が出てきた。

リヤゲートは夏場は調子が良いんだけど,寒くなってくると動きが渋くなって,開けたつもりがゲートが上がりきってなくて頭をぶつけるということが何度かあったので,リヤゲートダンパーを交換することにした。

IMG_4761_w500.JPG

Amazonで部品を探したら,社外品が安く買えた。交換方法はネットで検索した感じでは簡単そう。具体的な方法は金属のストッパーをマイナスドライバーで外すか持ち上げればロックがはずれ,あとは引っ張れば外れる。片方のダンパーを外すとゲートが落ちてくるので,支えてもらいながら作業する必要がある。

IMG_4759_w500.JPG
IMG_4760_w500.JPG

取り付けは工具不要でパチっとはめるだけ。

みんカラでは社外品で勢い良くゲートが開きすぎて怖い,という経験談があったけれど,今回買ったものは特にそういうこともなく,普通に開く。ちょっとゆっくりすぎなくらい。

IMG_4762_w500.JPG

無線の移動運用は,ロードスターが狭くてかなり厳しいので,ポロをもっと使うようにするか悩んでいるところ。

タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:43| Comment(0) |

2017年09月02日

NCロードスターその後(3ヶ月経過)

通勤用に中古のロードスター(NC1、2006年式)を買って3ヶ月経った。オドメーターは5.1万キロ。

まだ残暑の厳しい日もあるけれど、エアコンをかければ幌車でも特別暑くてキツい、という感じはない。ただ、レザーシートはやっぱり蒸れる。体の前面は涼しいけど背中とお尻は汗をかいている感じ。

IMG_2668_w500.JPG

日中30℃を超えるような日だと、夕方になってもオープンで乗るのは蒸し暑さを感じる。蚊にも刺された。

燃費は9km/L前後。エアコンの負荷のためか、乗り始めの頃より悪い。

発進やシフトチェンジはだいぶ慣れてきたとは思うけれど、サンバーのダイレクトなアクセルフィーリングが懐かしい。ロードスターで空ぶかししても、「…ぶぉーーーん………ぶぉーーーん」みたいな感じで反応がニブイし、イマイチ気持ちよくない。サンバーは「ぶおん!ぶおん!」とパワーはぜんぜんないくせに楽しく回ってくれた。必ずしもスポーツカーだから良いというわけではないことがよくわかった。ただ、こういうこともやっぱり乗ってみるまではわからないわけで、しばらくはロードスターでいろいろと勉強して,ロードスターなりの楽しさを見つけたい。

IMG_2660_w500.JPG

まだスタンドの洗車機に入れたことはないけれど、コイン洗車は試してみた。特に水漏れするようなこともなく幌も綺麗になった。車高が低いので洗車は楽。

秋になったらまたオープンドライブを楽しみたい。

IMG_2650_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 21:50| Comment(0) |

2017年07月01日

ロードスターNC1(1ヶ月経過)

通勤用の中古車をサンバーからロードスター(2006年式NC1)に乗り換えて1ヶ月経った。1000キロほど走って、走行距離は4.9万キロ。

APC_0039_w500.jpg

1ヶ月点検までに悪いところがあればチェックしておきたいけれど、今のところ不具合らしい不具合はなさそう。

まだ慣れないのは発進と駐車。発進はどうしてもアクセルのレスポンスの悪さ、特にアイドリングからちょっと踏んだ時の遅れのせいでギクシャクしてしまう。平坦路なら、ブレーキから足を離して、クラッチをゆっくり戻していけばアイドリングのまま発進できるんだけど、サイドを引くほどではないような登り勾配とか、タイミングを合わせてスッと出たいような場面が難しい。ガバっと踏むのもなんだし。何度かエンストしてしまったこともある。

IMG_4195_w500.JPG

シフトアップ時もクラッチをつなぐとき、遅れの分だけ気持ち早めにアクセルを踏んでやると、シフトショックを少なくできる感じ。

駐車はフェンダーの張り出しのせいで後輪の位置が見えないし、自車が白線に対してまっすぐになっているのかの判断が難しい。こんなもんだろう、と駐めるとだいたい斜めになっていたり、左右に偏っている。これもそのうち慣れるのかな。



街乗りだととにかく常に速度を抑えるように意識している。ちょっと引っ張ると2速で40キロを超えてしまうので、街中だとほとんど踏めない。これは事前に心配していた通り。その代わりオープンにできるので、スピードは出さずにのんびりオープンエアを楽しんでいる。

晴れの日は朝はすでに日差しが強いので開けられないけれど、夕方を過ぎればオープンでちょうどいい感じ。真夏になったら夕方でもキツいのかな。

IMG_4234_w500.JPG

ETCの動作チェックも兼ねて高速道路を走ってみた。ETCのアンテナとドライブレコーダーはすぐ近くだけど、干渉するようなことはなく、正常に反応した。

加速はさすがに素晴らしく、加速車線からの合流も追い越しも楽々。ただ、凹凸でハンドルを取られるような感覚がある。クイックな応答性の裏返しなのか、45の扁平タイヤのせいなのかわからないけれど、そもそもスポーツカーはこんな特性なのかな。100km/h走行時に6速3000rpmくらい回ることもあって、長距離ならポロの方が(遅いけど)疲れないかもしれない。

幌車ということで、雨天時が気になっていたけれど、雨音はバタバタとテントの中にいるような雰囲気で感じられる。雨漏りするわけでもないし、味と考えれば特に不満はない。

IMG_4280_w500.JPG



ところで下取りしてもらったサンバーだけど、中古車情報をワッチしていたらカーセンサーに掲載されているのを発見。自分が買ったときよりもかなり値段が上がっている。年式を考えたら完全にプレミアム価格だけど、私が丁寧に乗ってできるところは整備もして、絶好調なのが評価されたと思うとちょっと嬉しい。ぜひ新しいオーナーの元で末長く働いてほしい。

 20170701.jpg
posted by ソウヘイ at 12:49| Comment(0) |

2017年06月21日

ロードスターNC1その後(納車後一週間,アマチュア無線アンテナ設置)

通勤用の中古車をサンバー(KV3)からロードスター(NC1)に乗り換えて一週間経った。

IMG_4252_w550.JPG

ギリギリ梅雨入り前の納車だったので,会社の帰りに何度かオープンで走ることができた。気分を仕事からオフに切り替えるトリガとしては良い感じ。ただオープンにするのはちょっと照れ臭さがある。本当は会社の駐車場を出て少し離れたところでオープンにできれば良いんだけど,ちょうどいい場所がない。こういうときはRHTだったら良かったのかも。

納車後すぐ満タンにして,304.7km走って給油したら30.0L入った。燃費は10.2km/Lほど。ハイオクなのでもう少し走ってくれると助かるけれど,スポーツカーで通勤メインなのでこんなものかも。

さて、NCロードスターでアマチュア無線を楽しむにあたり、どうやって楽しむにしても必要になるのが、アンテナ基台の設置と同軸ケーブルの引き込み。

美観を損ねないために、アンテナをシート裏にステルスで設置したり、純正ラジオアンテナとトレードできる基台をワンオフで製作したりと、皆さん苦労されている。というかロードスターでアマチュア無線やっていてネットに情報を上げている人が少ない。

私は安直にトランクに基台を設置することにした。ただ、けっこう大変なのが同軸ケーブルの引き込み。NCロードスターのトランクと車室の間には幌の収納スペースがあって、同軸はこの下を通さなくてはいけない。

IMG_4227_w500.JPG

IMG_4216_w500.JPG

トランクと助手席裏の内張りの剥がし方はネットで検索すると出てくるのでそれを参考に。クリップは精密ドライバ(マイナス)で中央のピンを浮かせると簡単に外せる。

DSC_0164_w275.JPGDSC_0166_W275.JPG

内張りを剥がした後は、トランク側のリアサスアッパーマウントの横から同軸を伸ばして、助手席側から受け取ってもらう。このとき、既設のケーブル類が邪魔でなかなか通らないので、手探りしたり懐中電灯で照らしながらゴニョゴニョやると通すことができる。ある程度硬さのあるケーブルの方が作業しやすいかも。

IMG_4222_w550.JPG

IMG_4223_W550.JPG

電源はヒューズから分岐して、スカッフプレート(上に引っ張ると外れる)の下を通して、同じく助手席裏に持ってくる。

IMG_4224_w500.JPG

IMG_4225_w500.JPG

これで一応無線機は動かせるようになった。今のところリグの設置場所がないけれど、パネル分離型のリグを使えば、本体を助手席下に固定して、パネルだけ手の届くところに固定すれば良い感じかも。FT-817はコンパクトだけどパネル分離はできないので、センタートンネルの助手席側に吊っておくことにした。当面はこれで様子を見ることにしたい。マイクの置き場所もサンバーなら金具をガンガンネジ止めできたけれど、なんとなくロードスターでは穴を開けるのがためらわれる。良い方法はないかな。

IMG_4226_w500.JPG

IMG_4240_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 19:39| Comment(0) |