2019年05月20日

ロードスターNC1その後(2年経過)

中古のマツダロードスター(NC1,2006年式)を買って2年経った(購入記)。走行距離は6.4万キロ。

IMG_7055 _w560.JPG

転勤で通勤に使わなくなってしまったため,贅沢にもレジャー用として維持している。

新車登録から13年経過したので自動車税が上がった。古い車を大切に乗っている人に鞭打つこの税制はどうかと思う。

2年乗ってきて,いまだにこの車格には慣れない。左側のホイールを縁石にこすってしまいガリ傷がたくさん付いてしまった。人馬一体には程遠い感じ。まあ足の小指をタンスにぶつけるみたいなものかもしれないけれど...

オープンで走るのは炎天下と花粉症の時期を避ければ気持ちいい。バイクも良いなと思うけれど,ヘルメットやプロテクタなどの装備を考えると,ノーヘル・軽装で乗れるオープンカーの方が爽快かもしれない。

IMG_6370_w560.JPG

車検の予約の日にちょうど出張が入ってしまった。ディーラーまで自走して1時間ほどかかる場所なので,かんなさんは運転に自信がないとおっしゃる。マツダに相談したところ,引き取り・納車のサービスは通常していないが,特例としてやっていただけることになった。ただし引き取り・納車のタイミングはディーラーの手すきの時間になるとのこと。ありがたい。

ただ,この車を探す時からお世話になっていた担当営業の方が異動になってしまった。いろいろと詳しくて相談しやすかったのに残念。車検の相談のときに後任の方とお話したけれど,MT車は運転できない(ので自分は引き取りに行けない)とのこと。MTのロードスターに乗っている客にMTに乗れない営業を付けるのはちょっと意味がわからないけれど,人手不足かな。

車検で規定料金以外の項目としては,ブーツ切れがフロントスタビコントロールリンクと,ラテラルリンク。合わせても7500円くらい。ブレーキパッド交換が4輪20000円。合計でも15万円で,ポロの車検(7年目28万円,9年目18万円)と比べると,やっぱり国産車は安いなと思った。

IMG_5835_w560.JPG
posted by ソウヘイ at 21:40| Comment(0) |

2018年12月15日

VWポロその後(9年経過)

9Nポロは購入して9年,走行距離は9.4万キロ。

私は普段ほとんどロードスターに乗っているけれど,久しぶりに100kmほどポロで下道をドライブした。このクルマは本当に挙動が素直でコーナリング,ブレーキなどまったく不安感がない。シートも疲れないし,サイズも日本の道にはちょうど良く,一言で表現すれば「運転しやすい」車だと思う。逆にほとんど無意識に何も考えなくてもちゃんと走るため,「運転する楽しさは感じない」なんて思ってMT車を買うに至ったわけだけど。

DSC_4304_w560.JPG

いくつか国産車を試乗してファーストカーの後継車選びを進めているかんなさんだけど,なかなか決め手がないとのこと。それは私も同感で,少なくとも国産車には条件に合う中で「これに乗りたい」と思わせる魅力のある車がない。輸入車はフィアットなど良さそうなものもあるけれど,ポロで電気系の信頼性の低さや維持費の高さを味わったため,安易に選びづらくなってしまった。

じっくり選んでもらうのはまったく問題ないんだけど,スタッドレスタイヤが6シーズン目ということでゴムは硬化しているし,さすがにマズい感じになってきた。ディーラーだと例によって法外な交換費用になってしまう。そこでかんなさんが人づてに激安タイヤ屋さんを見つけてくれて,ポロのスタッドレスも込み込み4.3万円(純正ホイール付きの旧タイヤ持ち込みの場合)で交換してもらえた。ディーラーの見積もりの半額以下。これで予算が浮いたので,ロードスターのタイヤも更新することができた。

こんな感じでディーラーに頼らず整備や部品交換ができるなら,輸入車もアリかな。ただ,今のところ整備や車検をお願いする,信頼できてディーラーより安いお店を知らないので,なかなか難しい。

ポロはとにかくバッテリーをはじめとする電気系が急所なので,何とか後継車が決まるまで持ちこたえてほしい。特にバッテリー突然死だけはもう勘弁していただきたいところ。

IMG_5715_w560.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 22:38| Comment(0) |

2018年11月25日

ロードスターNC1その後(ノーマルタイヤ更新)

中古で購入したロードスター(NC1,2006年式)は1年半ほど乗って,走行距離は6.2万キロ。

IMG_5786_w560.JPG

通勤用のセカンドカーとして買ったんだけど,最近転勤して電車通勤になってしまったため,今は週末の遊び用になっている。オープンで走るには良い季節になってきた。

購入時にはレグノGR-9000という高級コンフォートタイヤを履いていた。溝はまだまだあるけれど,2011年製造のタイヤでもう7年落ちということで,肩の部分にひび割れが多くて気になっていた。

IMG_5603t_w560.JPG

ただ17インチの扁平サイズ(205/45R17)なのでけっこう高くて,ディーラーで「できるだけ安いもの」として見積もってもらったら,トーヨーのエコタイヤでも工賃込みで8万円くらい。スポーティ系のタイヤになると12万とか。さすがにお高い。17インチのメリットは特に感じないので,維持費のことを考えたら16インチが正解かも。

DSC04645_w560.JPG

ギリギリまで今のタイヤで我慢して,来年の車検のときに更新かなぁ,と思っていたら,かんなさんが近所で激安のタイヤ屋さんを見つけてきてくれた。試しに聞いてみたら,グッドイヤーのEAGLES LS EXEという,ディーラーで紹介してもらったエコタイヤよりやや上等のグレードのものが,工賃込み5.9万円で在庫ありとのこと。

それなら安い,と即決して付けてもらった。長期在庫品というわけでもなく,ちゃんと今年製造の新品。

IMG_6146_w560.JPG

今までが高級タイヤだったので,ロードノイズとか乗り心地が心配だったけれど,多少ゴロゴロ感はあるものの,オープンで走っても全然問題なし。ハンドリングはむしろ軽くなってスイスイ走る感じ。エコタイヤなので抵抗が小さいんだろうか。硬化してひび割れた7年落ちの高級タイヤよりは,新品のエコタイヤの方がマシという考えてみれば当たり前の話。



ディーラーで半年毎の点検とオイル交換。相変わらず純正の0W-20(SNグレード)。待ち時間に1500ccガソリンのデミオ(AT)を試乗させてもらった。営業は最近出たという直噴2.5LターボのCX-5を勧めたかったようだけど,「でかい車,速い車は興味ない」と散々文句を言ったため少々やりづらそうだった。

デミオは運転するにはちょうどいい大きさだけど,安全性確保とシュッとしたデザインのせいで後席頭上や荷室が狭い。これならアクセラの方が良いかなぁ。走った感じはまあ今どきの車だね,という印象。ATはノーマルモードだとキックダウンなどやや違和感あり。燃費重視のセッティングなのかも。スポーツモードの方が素直で乗りやすい。MTを試してみたかった。

いずれにしろアシスト満載の今どきの車にはまったく興味がわかない。営業も「こいつ何を勧めても反応薄いなぁ」と思ったことだろう。帰りに自分の12年落ちロードスターを運転して,これでもでかいし速すぎるけど,アシスト満載のAT車に乗るよりは楽しいと思った。

DSC_3348_w560.JPG
posted by ソウヘイ at 18:02| Comment(0) |

2018年06月25日

VWポロその後(車検4回目)

試乗車落ちで買ったポロ9NBUDも登録9年目(4回目)の車検。走行距離は9.1万キロ。通勤にはロードスターを使っており,ポロはかんなさんの日常使いと、人・物を載せるときと、長距離用。

DSC01643_w560.JPG

前回の車検でかなりお金をかけていろいろ直したけれど,今回もタイロッドエンドブーツ切れが見つかって,修理。あとはファンベルトをかんなさんの判断で交換。タイミングベルトはあと2年くらいは大丈夫とのことだったので,今回は見送り。最終見積もりは17.9万円。バッテリーの突然死で交換もあったし、維持費がかかる車である。

代車はゴルフ(2017年式の1.2Lモデル)。新型車を貸してくれるのは良いんだけど,買った頃と比べて応対などディーラーの劣化が感じられてちょっと残念な感じ。古い車に乗り続けるユーザーは良い客ではないんだろうけれど。

DSC01637_w560.JPG

でもせっかくの新型の代車ということで、高速を使って200kmほどドライブ。さすがに高い&新しい車なので,アシスト・サポート機能が満載。デジタルメータのグレードではなかったけれど,レーンキープ,アダプティブクルーズコントロールなどを高速道路で試せた。借りていた間の燃費は16.9km/L。登録後5000キロほどの平均燃費は13km台だった。静粛性は9Nポロと比べても高く、非常に静か。DSGは出始めの頃あったギクシャク感はほとんど感じなくなっている。加速はマイルドで、踏めば必要充分な加速はするものの、以前試乗したツインチャージャーのゴルフなんかと比べると随分おとなしい印象。速さを求めるムキはGTIやRに乗ってね、ということかも。

展示の新型ポロも見たけれど、外観デザインやパっと見の内装はゴルフとほとんど違いがなく、どちらも3ナンバーだし、ロゴを見なければ区別がつかないんじゃないかな。

今後1年くらいかけて,後継車の選定,もしくは10万キロを超えてポロを乗り続けるのか,かんなさんが検討予定。

少し前になるけれど,法事で6人乗車の必要があり、ミニバンのレンタカーを借りた。車種はエスクァイアのコンベンショナル(非ハイブリッド)モデルで、走行2千キロのほぼ新車。

IMG_5587_w560.JPG

高速道路を流す分には視点が高いし、CVTが限界まで回転数を抑えて走るので、そこそこ静かで快適。100km/h時で1500rpmとか。これなら燃費も良いわけだ。350kmほど走った燃費は14.7km/Lだった。

街中を走るとグニャグニャな感じで、だいたい想像通り。運転を楽しもうとか、そういうジャンルの車ではない。たくさん人や荷物を乗せて移動するにはこういうのもアリかとは思う。ドライバーは「運転手」に徹する必要がある。

デザインはあくまでも個人的な好みの問題だけど、あのオラついたフロントグリルは恥ずかしいので、自分では買わないかな。丸目で可愛いデザインのバージョンも出してみたらいいと思うけど。
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 20:29| Comment(0) |

2018年05月19日

ロードスターNC1その後(1年経過)

通勤用の中古車をマツダのロードスター(NC1、2006年式)に更新して1年経った。走行距離は5.7万キロ。



すぐに飽きてオープンにしなくなるかも、という懸念もあったけれど、意外とオープンで走る機会が多い。通勤時も、退勤のときは晴れていれば真夏以外は開けて帰ることも多い。

燃費は10〜11km /Lで安定。オイルは純正のエコオイル(0W-20)をディーラーで半年ごとに替えてもらっている。0Wというのが少し気になるところではある。古い車だし。

IMG_5363_w500.JPG

運転はさすがにだいぶ慣れてはきたと思うけれど、見切りが悪いのだけはどうしようもない。ロングノーズはカッコいいけれど、見通しの悪い狭い道には向いていないと思う。

減速時、3速まではブリッピングしながらエンジンブレーキを使うようにしている。たまにフットブレーキをかけながらブリッピングしてシフトダウンしたいと思うこともあり、それってつまりヒール&トゥなんだけど、まだ練習などはしていない。街中だとかかとでアクセルが踏めるほどの深さまでブレーキを踏み込んだら急減速してしまうんじゃないだろうか。



スペック的にも実際にもポロ(9N)よりぜんぜん速いんだけど、何しろ音がうるさいし、MTなので「故意にスピードを出そうとしなければ出ない」のがロードスター。たまにポロに乗ると、音がしないしATなので気づいたらスピードが出ている感じ。これはゴルフに試乗したときにはより顕著に感じて、あれは危ないと思った。

運転マナーという点では、前後録画のドライブレコーダを付けていることもあるけれど、オープンで丸見えなので、変なことはできないという思いはある。

IMG_5464_w500.JPG

車への愛着という意味では、正直まだまだかな。1年半しか乗らなかったサンバーの方がポンコツで可愛かった。ロードスターも自分でメンテなどできればもっと可愛いと思えるんだろうけれど、ガレージもないしなかなか難しい。

といって今のところ乗り換えたい車もないのが現実。オープンエアに味をしめたというか、どっちかというと二輪の方がいろいろと自分で整備できそうだし楽しそうだと思ったりする。ただ、主に安全性の観点からサンバーを降りたことを考えると、二輪というのは(免許や置き場所のことは置くとしても)ハードルが高い。

DSC01227_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 20:07| Comment(0) |