2017年12月10日

VWポロその後(8年経過)

9Nポロは購入して8年、走行距離は8.7万キロ。

そろそろいい車齢になってきたけれど、走る・止まる・曲がるという基本性能面では特に劣化は感じない。静粛性も変わらず高い。

それ以外の部分では相応にポンコツ感が出てきたかな。ドアのヒンジがキコキコ鳴るし、しばらく前からATのポジションLEDが部分的に点灯しなかったりする。リアゲートダンパーとアンテナは劣化がひどかったので社外品に交換した。

DSC00809_w500.JPG



あと一番ひどいのはバッテリーで、先日2度目の突然死で対応が大変だった。

シンプルで基本性能が高く良い車なんだけど、それは「トラブルや部品交換の費用を除けば」というのが前提の話。タイヤやホイール、バッテリーなど、国産車ならホームセンターやカー用品店で普通に手に入る部品が、ポロは軒並み特殊規格で、ディーラーでないと手に入らず、価格も高い。通販なら買えると思うけれど,DIYのスキルは必要。

そんなわけで長期計画として次々回の車検(3年後)までには後継車種を選びたいんだけど、次は国産かなぁ、なんて思い始めた。ちょっと前まではトゥインゴのMTなんて良いかも、なんて考えていたんだけど。ただ,自分はサンバーに乗ったり,最近はロードスターも買ってもらったりとセカンドカーで好き勝手しているので,ファーストカーのチョイスはかんなさんに一任したいと思っている。

輸入車も最近は壊れない(からお金もかからない)と言われるようになったけれど、消耗品類の入手性や価格の面ではまだ国産には及ばないというのが実感。せいぜい5年くらい(2回目の車検前)で乗り換える人ならあまり気にならないのは確かだと思うけれど、それ以上だとジワジワとランニングコストがかさむ。スポーツカーでもないのにハイオク指定だし。

とはいえ今年はロードスターも買ってしまったし、もうしばらくは9Nポロに頑張ってもらいたい。

DSC00731_w500.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:59| Comment(0) |

2017年11月26日

マツダロードスターNCその後(半年経過)

通勤用の車を中古のロードスター(2006年式、NC1)に乗り換えて半年経った。走行距離は5.3万キロ。



燃費はハイオク給油で9〜10km/L。

ボディへの鉄粉の付着がひどかったので、かなり高かったけれど鉄粉除去とコーティングを依頼。ボディはツルツルピカピカになった。

運転の方は普通に走らせる分にはだいぶ慣れたかな。見切りが悪いのはどうしようもない。

キャブ車のサンバーから乗り換えてしばらく、電制スロットルのレスポンスの悪さに慣れなかったけれど、ようやく少し慣れたというか、アクセルの操作が雑になったような気がしている。そのうちスロットルコントローラでも入れて、変わるかどうか試したいところ(※追記あり)。

DSC00029.JPG

11月に入り気温も下がってきたけれど、まだけっこうオープンで走っている。一桁台の気温でも、窓を上げてシートヒーターと暖房を併用すれば寒くない。手はちょっと冷たい。

サンバーはエンジンの感じがバイクっぽいなと思ったけれど、ロードスターはオープンエアなところがまさにバイクっぽくて楽しい。

幌の開け閉めはけっこう重くて、停車して車外に出て押し込んだり持ち上げる必要がある。雨が降りそうなときは事前に閉めておくなど、注意が必要。

MTの操作は気温が低くなってきて、サンバーと同様に暖まるまでは2速に入りづらい症状が出てきた。ダブルクラッチでゆっくり操作すれば入る。

サンバーはRR、ロードスターはFR車だけど、後輪駆動だから挙動がどう、とかいう感想はない。ぜんぜん飛ばしていないということだと思う。法定速度でカーブもしっかり減速して曲がっていれば、駆動方式はあまり関係ないのかも。雪道を走れば違うと思うけれど,雪の日は乗らないし。

DSC00030.JPG

サーキットを走ったりするわけでもないし、ロードスターの性能は私にとってははっきり言って過剰だと思う。サンバーの非力さとポンコツ感が恋しい。

有り体に言えばポンコツというかアナログ感が好き、ということになると思うんだけど、本当に壊れかけのポンコツだと整備できるスキルやガレージが必要ということになってしまって、維持が大変。サンバーはこれに近かった。

現時点の理想としては、1000ccくらいのNAで5ナンバーサイズ、MTでワイヤースロットル(に近いレスポンス)、4輪独立の足回り(サスペンション好きなので)、運転しやすい見切りの良さ、丸目でレトロな見た目、みたいな車があったら、一生大事にできる気がする。そんなクルマをご存知の方はご一報ください。



【追記】
11月末にディーラーで半年点検。エンジンオイル交換と、前オーナーが交換したかどうかわからないミッションオイルも交換してもらった。さらに、ネットでNC1の古い個体はECUのプログラムをアップデートすることで、踏み始めのレスポンスが改善するという情報を見たので、担当の方に相談。快く確認してくれて、アップデート可能ということで書き換えてもらえた(無料)。元は不明ながら、Gというバージョンになった。

ECU書き換えでアクセル踏み始めのレスポンスが少し改善したように思う。劇的な変化ではないけれど、不自然な応答遅れがなくなって、運転しやすくなった気がする。ミッションオイル交換で今までより「ヌルっと」ギヤが入るようになったかも。気分的な問題かもしれないけれど,替えてスッキリ。

サンバーと違って自分で整備できるところが少ないけれど,無線機の取り付けやアクセルレスポンスが改善したことで愛着もわいてきた。次に「これは」と思うようなクルマが出てこない限りはロードスターを大事にしていきたい。



ncroadster01.jpg
posted by ソウヘイ at 15:49| Comment(0) |

2017年10月28日

VWポロその後(バッテリー突然死2回目)

9Nポロは走行8.7万キロ。かんなさんから、バッテリーが上がったみたいだとヘルプ。

こんなときのために、というわけでもないけれど、ポータブルバッテリーがある。ということで、付属のコードを接続して始動できた。

充電するためにしばらく走ろうかと出発したところ、どうも不安定で、警告灯が全点灯して100mほど走ったところでエンジンがストップ。路上で止まってしまった。ハザードも点かないのでかなり焦ったけれど、幸いそれほど交通量のない時間帯だったので事故にはならずに済んだ。

初めて使う三角表示板を出して、かんなさんが後続車を誘導している間に再度ポータブルバッテリで始動を試みるも、ポータブルバッテリーを外すと止まってしまう。

これはダメだ、ということでJAFにロードサービスを要請。40分ほど待たされて、車載車が到着。点検してもらうと、オルタネータの発電電圧は正常だが、バッテリーの充電電流がゼロで、完全に死んでいるみたい。ポータブルバッテリーで一時的に始動できても、バッテリーが機能しないため不安定となり、止まってしまうようだ。

このバッテリーは純正(Excide製)で、2年前にも同様の突然死で交換したもの。全く同じ2年で故障してくれた。わずかに保証期間が過ぎているのも同様。品質管理がよくできているというのかなんというのか…。ディーラーで毎回点検してるんだから,せめて次の点検まではちゃんと動いてほしものだと,ちょっと不信感。

バッテリーの突然死は兆候もないので対策も取れない。ポータブルバッテリーを積んでいてもどうしようもないということが今回よくわかった。

自走できないのでJAFに車載してもらって,自宅まで戻してもらった。近所のスタンドに聞いてみたが輸入車用のバッテリーは置いていないとのこと。

翌日かんなさんが保険会社の無料ロードサービスを頼み、ディーラーまで車載してもらい、バッテリー交換。JAFよりも保険会社の方が提携しているところが多く、5分ほどで来てもらえる。安くない年会費を払っているのだから、JAFはもう少し頑張ってほしいものだ。

純正バッテリー交換と点検は工賃込みで3万円。

ハイブリッドや電気自動車の普及が進んでいるけれど、こういうことがあるので電池はイマイチ信用できないんだよなあ。

IMG_4811_w500.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 16:44| Comment(0) |

2017年10月11日

VWポロその後(リヤゲートダンパー交換)

ポロ9Nは購入後もうすぐ8年,走行距離は8.6万キロ。かんなさんの普段使いと,人を乗せたり長距離用に活躍している。

人間の感覚というのは当てにならないもので,サンバーとポロを乗り比べると,ポロはどっしりしてハンドルも重いし安定感があるなぁ,なんて思ったけれど,ロードスターと乗り比べると,ポロはロールが大きいしハンドルは軽くてヒラヒラ走るような印象になる。

走行性能は今のところ劣化は見られないけれど,ドアのヒンジがキコキコ鳴ったり,リヤゲートダンパーがヘタってきたりと,良い感じにポンコツ感が出てきた。

リヤゲートは夏場は調子が良いんだけど,寒くなってくると動きが渋くなって,開けたつもりがゲートが上がりきってなくて頭をぶつけるということが何度かあったので,リヤゲートダンパーを交換することにした。

IMG_4761_w500.JPG

Amazonで部品を探したら,社外品が安く買えた。交換方法はネットで検索した感じでは簡単そう。具体的な方法は金属のストッパーをマイナスドライバーで外すか持ち上げればロックがはずれ,あとは引っ張れば外れる。片方のダンパーを外すとゲートが落ちてくるので,支えてもらいながら作業する必要がある。

IMG_4759_w500.JPG
IMG_4760_w500.JPG

取り付けは工具不要でパチっとはめるだけ。

みんカラでは社外品で勢い良くゲートが開きすぎて怖い,という経験談があったけれど,今回買ったものは特にそういうこともなく,普通に開く。ちょっとゆっくりすぎなくらい。

IMG_4762_w500.JPG

無線の移動運用は,ロードスターが狭くてかなり厳しいので,ポロをもっと使うようにするか悩んでいるところ。

タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:43| Comment(0) |

2017年09月02日

NCロードスターその後(3ヶ月経過)

通勤用に中古のロードスター(NC1、2006年式)を買って3ヶ月経った。オドメーターは5.1万キロ。

まだ残暑の厳しい日もあるけれど、エアコンをかければ幌車でも特別暑くてキツい、という感じはない。ただ、レザーシートはやっぱり蒸れる。体の前面は涼しいけど背中とお尻は汗をかいている感じ。

IMG_2668_w500.JPG

日中30℃を超えるような日だと、夕方になってもオープンで乗るのは蒸し暑さを感じる。蚊にも刺された。

燃費は9km/L前後。エアコンの負荷のためか、乗り始めの頃より悪い。

発進やシフトチェンジはだいぶ慣れてきたとは思うけれど、サンバーのダイレクトなアクセルフィーリングが懐かしい。ロードスターで空ぶかししても、「…ぶぉーーーん………ぶぉーーーん」みたいな感じで反応がニブイし、イマイチ気持ちよくない。サンバーは「ぶおん!ぶおん!」とパワーはぜんぜんないくせに楽しく回ってくれた。必ずしもスポーツカーだから良いというわけではないことがよくわかった。ただ、こういうこともやっぱり乗ってみるまではわからないわけで、しばらくはロードスターでいろいろと勉強して,ロードスターなりの楽しさを見つけたい。

IMG_2660_w500.JPG

まだスタンドの洗車機に入れたことはないけれど、コイン洗車は試してみた。特に水漏れするようなこともなく幌も綺麗になった。車高が低いので洗車は楽。

秋になったらまたオープンドライブを楽しみたい。

IMG_2650_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 21:50| Comment(0) |