2016年02月11日

サンバーバン クラシックその後(アマチュア無線機の取り付け)

サンバーはもともと通勤と無線の移動運用に使うことを想定して買ったので,無線機の取り付けは最初から考えていた。

ただ,手持ちのリグ(無線機)のうち移動局として使えるのは,FT-817(5W)とVX-7(5W),あとはアンテナが交換できないハンディ機(0.5W)があるくらい。

FMでレピータとか自宅と交信することを考えると、運転しながら手の届く位置に設置したいし、一方でコンテストとかの移動運用時は荷室で電鍵やノートを広げて使いたい。

みたいな話をローカル局としていたら、運良く使っていないモービルの無線機や基台があるということで、譲っていただけることになった。ハムのOMさんは本当に皆さん親切で,いろんな方にいろいろなものを分けていただいて恐縮してしまう。自分も後進に同じようにできるだろうか。

今時のモービル機だと本体と操作部がセパレートできるので、設置場所の自由度が高いけれど、譲っていただいた機械は一体型なのでどこに取り付けようかとしばらく悩んだ。

sambar_ashtray.jpg

灰皿とシガーライターの場所あたりがちょうど良いと思って、灰皿とシガーライターは取り外し。電源は先日買った2口のソケットがあるので問題ない。

で、どうやってブラケットを固定しようかと見ていたら、偶然取り外した灰皿の取り付け穴がそのまま使えることに気がついた。

sambar_c5200_1.jpg
sambar_c5200_2.jpg
sambar_c5200_3.jpg

アンテナはリアハッチに基台を取り付けて、同軸を車内に引き込み。機材を譲ってくださったOMさんからウェザーストリップを使った同軸の隠し方を教えてもらって、良い感じに引き込めた。

sambar_antenna_1.jpg
sambar_antenna_2.jpg
sambar_antenna_3.jpg

リグは古い機械で技適ではないので、TSSに保証認定を依頼した。…が、年末に依頼したのに丸々1ヶ月放置されて、1月末にようやく「遅くなってゴメンね、軽微な不備があったから直しておいたよ。これで良ければ返信ちょうだい」というメールが届いて、すぐに「それでOK。保証お願い」と返事を出したのだが、また三週間ほど放置されている…。JARDも保証業務を始めたけれど、TSSは仕事をする気あるのかな…。無料ならともかく、お金を取っているわけだし。JARLも会員増員キャンペーンなんてやっているヒマで包括免許実現のためのロビー活動とかやってくれたら高い会費も納得するのに…。DX局が/JAで気軽に運用できないのはオリンピックもあるのに問題でしょう…。

脱線した。そんなわけでせっかくのモービル機はまだ電波が出せないので、ブラケットだけ流用してとりあえずFT-817を取り付けている。817にはネジ穴などはないので、結束バンドで保持。軽いのでこれでも特に問題はなさそう。

【追記】
その後,技適機種のモービル無線機を譲って頂いて取り付けました。>アマチュア無線機の取り付け その2

sambar_ft817.jpg

posted by ソウヘイ at 17:14| Comment(0) |

2016年01月10日

サンバーバン クラシックその後(納車後1ヶ月)

17年落ちのサンバーバンクラシックKV3(NA, 5MT)が納車されて1ヶ月経った。走行距離は6.5万キロ。

販売店(スバルの中古車ディーラー)の保証期間は1ヶ月間なので,今後何かあれば有償修理ということになる。

今のところディーラーに相談しようかと思うような心配な症状は出ていない。

多少気になる点としては,総括の記事でも少し書いたように,

・寒い朝の始動直後,アイドリングが上がる前に止まってしまうことがある。再度セルで始動するとOK。
 ただし(ニュートラルのまま)クラッチをすぐにつなぐとやっぱりエンストする。
 …たぶん,始動時にはできるかぎりエンジンの負荷を軽くしてやった方が良いということ?

・3分ほど暖機しても,最初の幹線道路への合流などで加速しようとするとアクセルに回転が反応せず息継ぎする。
 (走り出せば後は正常)

・温まるまでは1速→2速が入りづらい。または入るときに「ゴキッ」という感触。

というようなことがある。これらはまあ天候に左右されるキャブとかミッションオイルの特性なのかな,と思っている(けれど詳しいことはわからない)。いずれの症状も水温計が水平位置になるまで走ればなくなるか軽減される。

【2016.1.18追記 寒い朝の始動失敗の動画】


その他の気になる点としては,外気導入だとなんだか(自分の)排気ガス臭い。それから温まるまでハンドルを切ると(床下?から)ギシギシというかキコキコみたいな音がする。車体を揺すっても同じ音が出るけれど,温まると消える。このあたりは次回点検時に相談してみても良いかな。

窓が大きくて中が丸見えなので,かんなさんにカーテンっぽいものを作ってもらって,サイドの窓に付けた。固定は磁石。いろんなところが鉄板むき出しなので,磁石はけっこう便利かも。

AT限定だったかんなさんが,昨年末に大車輪で限定解除教習に通って無事にMTが運転できるようになった。教習4時間+卒検で,教習所に通ったのは3日間。合間に公園の駐車場で坂道発進の練習などをした。
かんなさんのAT限定解除教習記



その後ちょこちょことかんなさんもサンバーの運転を練習している。半クラッチの感覚やギアの選び方がまだよくわからないとのこと。この辺りは理屈よりもたくさん乗れば自然と身につくと思う。というか私自身もまだうまく走らせられない。

kanna_license.jpg




燃費は3回給油の平均で12km/Lくらい。KVだと条件が良くても14km/L程度のようなので、渋滞も含む通勤利用という点と、年式を考えれば良い線かもしれない。

SUBARU Sambar SDX Classic

ポロと比べるとうるさいし乗り心地は悪いし遅いし,まったく「できない子」なんだけど,なぜだかとっても楽しい。昔DT50というギア付きの原付に乗っていたことがあるけれど,街中でセコセコとギアチェンジする感覚とか,ちょっと似ているかも。

おまけ
しばらく走って暖機が終わった後のアイドリング動画


タグ:サンバー
posted by ソウヘイ at 12:38| Comment(0) |

2015年12月22日

サンバーバン クラシックその後(納車後一週間)

17年落ちのサンバーバンクラシックKV3(5MT)が納車されて一週間経った。

200kmほど走って満タン法による燃費は12.4km/L。古い車だし,通勤メインの使い方ではこんなものだろうか。

sambar_engine_01.jpg

【良かった点】
やはり運転が楽しい。超ローギヤードなので制限速度40キロの市道でも何度もシフトチェンジが必要で、「運転してる感」満点。

タコメーターがないので、シフトチェンジのタイミングはエンジンの「頑張ってる感」で判断。
各ギヤの分担は平地の場合はだいたい、
1速:0〜5km/h
2速:0〜20km/h
3速:10〜40km/h
4速:20〜60km/h
5速:40km/h〜

みたいな感じだろうか。取説がないので本当はどうかわからないけれど、自分ではこんな速度域を意識している。高速に乗ったことがないので、このローギヤードでどこまで最高速が伸びるのかは不明。

sambar_rear.jpg

一般道で青信号発進から前の車に遅れないように流れに乗るだけでも、相当引っ張って加速する必要があって、EN07型水冷4気筒SOHCエンジンのサウンドだけを聞いていたらいったいどれだけスピード出してんだよ、と思うけど実際は制限速度にすら届いていない。

まだ納車整備してもらったばかりだからかもしれないけれど、機関は好調で、始動も一発。車内空間が広大なので暖房の効きが悪いんじゃないかと心配したけれど、意外と暖かい。

あとはフロントの見切りが良くて窓も広いので、死角が少なく運転はしやすい。

sambar_front.jpg

【気になる点】
納車時にも書いたけれど、段差でガタン、ドシンと揺さぶられるのと、積んでいるものがガチャガチャとうるさいのが一番気になるかな。

水平に近いトラックみたいなハンドルもちょっと気になるかも。パワステで軽すぎるくらい軽いしセンターの安定感がない。

窓が大きくて色も付いていないので、車内が丸見え。これはいずれカーテンとかの目隠しを考えたい。

いろいろなところが手動、アナログなのは「味」として良いと思っているけれど、集中ドアロックと間欠ワイパーくらいはあると便利だったかも。

sambar_engine_02.jpg
タグ:サンバー
posted by ソウヘイ at 22:24| Comment(0) |

2015年12月20日

VWポロその後(6年経過)

試乗車落ちのポロ(9NBUD)を買って6年経った。走行距離は7.1万キロ。今まで買った車で自分で乗った距離としては最長を更新したと思う。9Nの前期モデル(丸目4灯)はまだたまに見かけるけど,さすがに6Nは見かける機会がめっきり減った。

polo9n_201512_01.jpg

この1年でトラブルとしては、バッテリーがダメになったくらい。VWのメーカーの方は例の排ガス不正の件でだいぶ世間を騒がせた。日本で売っている車は不正の対象ではなかったようだけど,それでもお詫びのメールやお手紙,無料点検のお知らせなどが来て,三菱とは違うな,と感じた次第。

まだまだ乗るつもりだけど,通勤用のセカンドカー,中古のサンバークラシックを買ったので,今後はかんなさんの日常使いと帰省などの長距離がメインとなると思う。走行距離は伸びなくなるだろう。

サンバーと乗り比べてみると,改めてポロの良さがよくわかる。どっしりと安定感・剛性感があって,まっすぐ走る,曲がる,止まる,というそれぞれの動作が安心してできる。遅い遅いと思っていたけれど,サンバーに比べたら馬力は2倍もあるので必要十分。

ヘッドライトが少し黄ばんできていて,これが進行するととても古臭い車に見えてしまうので,どこかのタイミングでクリーニングをお願いしたいと思っている。

サンバーでMTにも慣れて,かんなさん(現在はAT限定)にも限定解除してもらったら,次の買い替えではメイン車もMTにしたいと目論んでいる。

現行の6Rポロも来年あたりにはフルモデルチェンジだろうか。DSGもだいぶ熟成されてきて悪くはないんだろうけど,MTがラインナップに無い(GTIとかはどうせ乗れないし)となると国産のスバルかマツダ,輸入車ならフィアットとかアルファあたりなのかなぁ。そもそもポロがダメになる頃にはMTがいよいよ滅びているかもしれないけれど...。

今年も自分でスタッドレスタイヤに交換。準備から空気圧調整,片付けまで1時間ほど。音のうるさくない足踏み式の空気入れを使ったのでこれが一番疲れるかも。

polo9n_201512_02.jpg
polo9n_201512_03.jpg
polo9n_201512_04.jpg

【過去記事】
購入後5年
購入後4年
購入後3年
購入後2年
購入後1年
納車
・購入レポート(前編後編)
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:58| Comment(0) |

2015年12月19日

サンバーバン クラシックその後(ドライブレコーダー取り付け)

17年落ちのサンバーバンクラシック(V-KV3)を買って一週間経った。

まずはドライブレコーダーの取り付け。ポロには国産品のルームミラータイプの製品を付けたけれど、けっこう高いし同じものを買うのもつまらないので、サンバーには安い中国製のものをチョイス。
32GBのマイクロSDカード付きでこの値段なのでかなり安い。



電源はドライブレコーダーも無線機もシガーソケットから取る予定だったので、シガーソケットを2口増設するキットを購入。これも安いもの。



KV3サンバーのヒューズボックスは運転席のブレーキペダルとクラッチペダルの上あたりにむき出しになっている。タイプは平型ヒューズ。

ACC ONで通電になるヒューズがどれかよくわからなかったけれど、とりあえずラジオ用(15A)なら確実だろうと、ここから取ることにする。極性は取説に見分け方が書いてあるので特に難しいことはない。

sambar_vk3_fusebox.jpg

ドライブレコーダー本体の取り付けは吸盤なので簡単。電源配線は綺麗に隠すのは面倒なので、窓枠のところにケーブルを押さえる金具(テープで貼るもの)を使って這わせた。

tt-cd05_1.jpg
tt-cd05_2.jpg

画質は思ったよりも綺麗で、720pで充分な感じ。明るいところでの白飛びもないし、暗いところもライトの照射範囲はよく映る。



心配なのは耐久性かな。これは炎天下の夏場を越してみないとなんとも言えないかも。

ポロに付けたユピテルは、たまにフリーズすることがあるがリセットすれば復活する。3年ほど使っているけれど、そこそこ満足。画質は今回買ったものと比べると悪い。
タグ:サンバー
posted by ソウヘイ at 20:05| Comment(0) |