2018年01月22日

SF本読了 シルトの梯子

「シルトの梯子」(G.イーガン)を読了。Kindle版。

待ちに待ったイーガンの新作長編。執筆時期的には白熱光直交宇宙三部作よりも前になるとのこと。

直交宇宙三部作は既知宇宙と全く関係のない、物理法則の異なる異世界だけが舞台で、自分としてはコレジャナイ感が強かったけれど、シルトの梯子は素晴らしかった。やっぱりね、いくらぶっとんだSFでも起点はこの宇宙であり人類じゃないと。と改めて思った。

あらかじめ「ひとりっ子」(短編集の表題作)を読んでおくと良いというアドバイスがあったので、ざっと再読しておいた。おかげで、出てくるSF設定はだいたいすんなり頭に入ってきたかな。




独立した物語ではあるけれど、イーガン独特のSF設定がてんこ盛り(人格のアップロードによる不死化、それを利用した光速の宇宙旅行、外自己、観境、汎性化などなど)で、いちいち詳しい説明もされないので、個々の技術についてはそれぞれに深く突っ込んで考えさせられる、順列都市ディアスポラ白熱光あたりを読んでおく方が良いかも。あとひとりっ子。

ただし、登場する物理学は難解すぎてこれはスルーしかない。いろもの物理学者さんの解説にも、

本文を読んで「わから〜〜ん」となったら以下を読んで、「なるほどわからん」と納得した上で本文に戻っていただければと思う。

グレッグ イーガン. シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) (Kindle の位置No.6143-6144). 早川書房. Kindle 版.


と書いてあるくらい。

シルトの梯子は、順列都市、ディアスポラと並んで定期的再読リストに入れても良さそうな内容で大満足なんだけど、今後がちょっと心配。

冒頭に書いたように、執筆時期が新しくなるにつれて、イーガンの興味が既知宇宙から、もっと自由(既知宇宙の法則に縛られないという意味で)な異世界を舞台にした思考実験的ストーリーに移っていっているような気がするのだ。

例えばだけどシルトの梯子で、人間が登場しない「あちら側だけ」の物語とか、ディアスポラの「5次元宇宙だけ」とか、順列都市の「オートヴァース内だけ」で完結する物語が読みたいですか?ということなんだよなぁ。男女がなくなったり身体が無くなったりしても一向に構わないけれど、「人類とつながりがある視点」がないと、自分としては評価を上げづらい。

ツイッターなどを見ると、直交三部作も評判が良いらしいので、多くの人は思考実験だけで満足なのかもしれないけれど。

posted by ソウヘイ at 15:37| Comment(0) | 読書

2018年01月13日

パソコン更新(MacBookPro 15" Mid2010からMid2015へ) 後編

7516800336_IMG_2954_w500.JPG

前編からの続き>

旧マシンのデータはTime MachineでUSBの外付けHDDにバックアップしてあるので,移行アシスタントで新マシンに転送。旧マシン1TB(HDD),新マシン256GB(SSD)なので,写真と動画のデータは転送しないように設定。ただ,残り時間17分で1時間待っても進まなくなってしまい,いったんキャンセルしてやり直したらアカウントが複数できてしまったりして,面倒なことに。いろいろやり直したりして一晩かけて何とか稼動状態になったけれど,なかなか一発でうまくいかない。確か前回のPowerBookG4からMacBookProMid2010への更新でも移行アシスタントでつまずいた。何しろ5年とか7年に一度の作業なのでコツも掴めないし,もう少しロバストな仕掛けにならないかなぁ。

気を取り直して新しい環境を構築。古いMacBookProも1TBのHDDがまだ半分以上空いているし,普通に安定稼働しているので、有効活用したい。具体的には、
(1) 新マシンのTime Machineバックアップ先を旧マシンのHDDの領域としてワイヤレスでバックアップしたい。
(2) 写真と動画データ(150GBくらい)は旧マシンに置いておき、ファイル共有で必要な時にアクセスしたい。
(3) 上記(1)(2)は旧マシンの蓋を閉じた状態でも行えるようにしたい。

3項目ともネットを検索したらやり方が出ていて、旧マシンは蓋を閉じたまま縦にして稼働状態としている。操作が必要なときは画面共有すれば、新マシンからでも、なんならドンキの2in1からでも可能。

参考にしたサイトは下記。
(1)MacOS High SierraでのTimeMachineサーバー設定方法
(2)Mac のファイル共有で接続する方法
(3)MacBookを閉じてもスリープさせないソフト「InsomniaX」が便利である

Windowsからのリモートデスクトップ:WindowsからMacのデスクトップをリモート操作。仮想デスクトップで瞬時に切り替え、超便利!

さて、新マシンの使い心地だが、何をするにもレスポンスが速くなって快適。感圧タッチパッドも特に違和感はない。このタッチパッドは振動によって擬似的に「押した感覚」をフィードバックするもので、物理的なスイッチがない。

RetinaディスプレイはiPhoneで慣れてはいるものの、ギザギザの見えない滑らかなフォントなどは、旧機種と比べるとやっぱり良い。

早速ピートが乗って耐荷重試験。懸念していた通り,電源ボタンを長押しして強制電源断,再起動となってしまった。

LRG_DSC01056_w500.jpeg

LRG_DSC01055_w500.jpeg

ということで何とか新マシンを使い始めることができたけれど,なんと言っても今まで使っていたMid2010は7年間安定稼働してくれた実績がある。SSDやRetinaも一般的になってしばらく経つけれど,長期使用における劣化などはどうだろう。今後も何かあればレポートしたい。

このMacBookPro15インチ(Mid2015)が期待通り5年以上安定稼働したとして,次の買い替え予定は2022年から2024年頃。その頃におっさんが一般的に使う機械がどんなものになっているのか,予想するのはさすがに難しいか。最近でもパソコン自体の市場がどんどん減っていて,スマートフォンやタブレット端末が「パソコン化」してきているし,スマートウォッチや,AIアシスタントと連携するスマートスピーカーなんていう商品も出てきた。一方で期待されながらも消えていったグーグルグラスなどもある。

劇的なUIの革命でもない限り,キーボードによる入力は少なくともシニア世代には必須だと思うけど,それすら確信がない。少なくともCPUのクロックが何GHz,メモリが何GB,ストレージが何TBみたいな予想は意味がなさそう。かんなさんは,「大容量高信頼なストレージが安価になってデータはクラウドからローカルに回帰,電源は生体発電などでバッテリーレスになり劇的な小型軽量(ペーパー)化・永続駆動が可能になる」とのこと。なかなか野心的な予想。

私の考えでは,携帯性と大画面高画質の両立は避けられないように思うので,時期尚早だったグーグルグラスが復活して,入力デバイスはユーザの世代に合わせて選択,自分たちなら打ち心地のいいキーボードだけ持ち歩くようになるとか。
タグ:MacBookPro
posted by ソウヘイ at 19:21| Comment(0) | パソコン・インターネット

2018年01月12日

パソコン更新(MacBookPro 15" Mid2010からMid2015へ) 前編

長らく悩み続けてきたMacBookPro15インチ(Mid2010)の後継機種。年末あたりからチェックしていたAppleの整備済製品で,MacBookPro15インチ(Mid2015)の標準モデルが出ていた。価格は169,000円(税別)。


冬休みは量販店に再度ノートパソコンを見に行って,やっぱりどうしても現行のMacBookProはキーボードの打ち心地が馴染めない感じだし,標準構成でも25万超という価格で予算オーバー。これだったらMacはやめてMicrosoftのSurface Laptopあたりにするかなぁ,などと思いつつ帰ってきた。


で,Appleのサイトを眺めていたら,現行の2017年モデルと並行して,2015年モデルも新品が売られている。これは筐体が刷新される前の最後のモデルで,キーボードは今使っているMid2010と同等の深いストロークがあるものだし,インターフェースはUSB,HDMI,SDカードスロットが付いて,発売時の価格は224,000円だったはず。それが今は値下がりして199,000円,さらに上記のように整備済み品が169,000と,発売時に比べ25%引きになっている。新品が併売されているということはやはりプロ用途で需要があるのだろう。


調べてみるとMid2015はグラフィックの性能は新型に劣るものの,CPU自体は遜色ない性能だし(参考サイト),メモリも16GB入っている。SSDは256GBしかなく,今使っているものは1TBのHDDなので全部のデータを持ち歩くわけにはいかないだろう。ただ時間をかけて過去の写真はGoogle photoにアップロードしてあるし,古いMacBookProをファイルサーバ的に使えば問題ないのではないか。


アマチュア無線の用途ではWindows機が必須だけど,これはドンキホーテの格安2in1が意外に使えるし,移動運用に持っていってガンガン使うには安い機械の方がいい。ということで自宅用はMacを継続することにして,購入を決断。


在庫のある整備済製品ということで,注文して2日後には届いた。


IMG_2917_w500.JPG


IMG_2918_w500.JPG


旧モデルと比較して一番の違いは厚みが薄くなったことかな。外形寸法もわずかに小さくなっている。CD/DVDドライブが廃止されたので重量も軽くなった(2.54kg→2.04kg)。でも開いてみた感じは期待通り全く一緒で,ぜんぜん違和感なし。ただ電源ボタンが今までのCD取り出しボタンの場所に普通のキーの一つとして配置されてしまった。これは猫に押されそう。


 MacBookPro 15" Mid2010MacBookPro15" Mid2015
Year20102015
CPUCore i5 2.4GHz (Arrandale)Core i7 2.2GHz (Haswell)
RAM4GB→8GB16GB
HDD320GB→1TB256GB(SSD)
LCD15.4" 1440x90015.4" 2880x1800


IMG_5092_w500.JPG


7年前に次の買い替えの目安として書いた予想スペック(CPUは物理8コア、メモリ16GB、SSD1TB)と比べると,当たっているのはメモリ16GBだけ。未来予測というのはたった7年でも難しいものだ。


後編に続く>
タグ:MacBookPro
posted by ソウヘイ at 20:27| Comment(0) | パソコン・インターネット

2018年01月09日

ロードスターNC(ハイリフトペダルカバー取付け)

ロードスターNC型が生まれた背景事情などは詳しくないが,想定しているドライバーの体格がかなり大柄なためか,男性としては小柄な私(170センチ弱)は,適切な運転姿勢を取るためにシートをかなり前に出さなくてはいけない。

さらに小柄なかんなさん(1xxセンチ弱(検閲により削除))だと致命的に厳しく,シートを一番前に出してもクラッチが踏み込めない。腰の後ろにクッションを挟んで,クラッチを踏む時は腰をひねってどうにか運転できる,という感じ。

純正クラッチペダルをブレーキペダル側から見たところ

NC1はシートリフターもステアリングのテレスコもない。「人馬一体」感のためには適正な運転姿勢が取れるというのは非常に大切だと思うんだけど。その点またサンバーと比較してしまい恐縮だが,サンバーは農家のおばちゃんでも運転できるように,つまりほとんどの日本人が適正なドライビングポジションを取ることができる素晴らしい車だった。

さて,せっかくAT限定を解除してMT車を運転できるようになったかんなさんがロードスターを運転できないのはもったいない。アクセルとブレーキはなんとかなるがとにかくクラッチが遠い。そこで「ロードスターNC クラッチペダル かさ上げ」などのキーワードで検索して,「ハイリフトペダルカバー」なる部品が売られていることを知った。値段は2000円くらいで,これならダメ元で試してみても良いかもしれない。

適合品はネットの情報でもよくわからなかったが,P05というGC/GD系インプレッサ,BG系レガシィ系のものをチョイス。



DSC00988_w500.JPG

DSC00990_w500.JPG

取り付けもネットの情報を見て,ゴムが硬いので熱湯に浸して柔らかくしてから行う。純正のペダルカバーは手でめくるだけで簡単に外れた。取り付けは柔らかくなった状態でもそれなりにキツかったけれど,下側→サイド→上側と順番にむぎゅむぎゅ押し込んでいったら収まった。ズレるようなこともなさそう。

DSC00992_w500.JPG

DSC00991_w500.JPG

作業は何箇所かあるガレージ(公園の駐車場)にて。熱湯は水筒に入れて持って行った。

私はシートポジションは変わらなかったけれど,踏み込んだ時に左脚が伸びきっていたのがちょっと余裕が出て楽になった。

肝心のかんなさんにも試してもらったところ,腰の後ろに挟むクッションが不要になり,腰を捻らなくてもクラッチを踏み込むことができるようになった。ハンドルと身体の距離が近すぎるという問題はあるけれど,以前よりはずっとマシになったとのこと。わずか2センチほどの違いだけど、けっこう変わるものだ。

DSC00993_w500.JPG

DSC00994_w500.JPG

公道でスイスイ運転するにはしばらく練習が必要とおっしゃるが,普段ATのポロを運転しているんだから,あとは勢いというか度胸だけだと思う。こういうときはヒルスタートアシストがあったらハードルが低いのに,と思った。

また、簡単なことでも自分で整備とか部品の取り付けをやってみると、車への愛着も湧く。
posted by ソウヘイ at 20:08| Comment(0) |

2018年01月07日

ミステリ読了 シャーロック・ホームズの復活

「シャーロック・ホームズの復活【新訳版】」(A.C.ドイル)を読了。Kindle版。

正典の短編集3作目。オリジナルの刊行順だとバスカヴィル家〜が先みたい。ちょっとうっかりしていた。年末から読み始めたけれど,収録作品が多くかなり時間がかかってしまった。

ライヘンバッハの滝で消息を絶ったホームズが劇的な復活を遂げる空家の冒険,言わずと知れた暗号モノの踊る人形,六つのナポレオン像,第二の血痕あたりが読みどころかな。

まだまだ正典が残っているけれど,連続で読んでいたらお腹いっぱい感が出て着たので,先にシルトの梯子。

【収録作品】
空屋(くうおく)の冒険
ノーウッドの建築業者
踊る人形
ひとりきりの自転車乗り
プライアリー・スクール
ブラック・ピーター
恐喝王ミルヴァートン
六つのナポレオン像
三人の学生
金縁の鼻眼鏡
スリークォーターの失踪
アビー荘園
第二の血痕

posted by ソウヘイ at 18:51| Comment(0) | 読書