2016年12月06日

MacBookProその後(6年経過)

メインマシンのMacBookPro15インチ(Mid2010; MC371J/A)を買って6年が経過した。

OSはSierra(10.12)が出てすぐにアップデートしてある。Sierra対応のハードとしては最古モデルとなってしまっただけあって、さすがに限界が近づいている感がある。

ストレージは1TBのHDDがまだ半分以上空いているのでその点は心配ないのだが、8GBのメインメモリが割とすぐにキャッシュに退避し始めたり、「ファイルを開く」動作でリストが出るまでしばらく待たされる、スリープからの復帰が遅い、などの症状が出ている。

定番のDisk First Aidなどもやってみたけれど、あまり変わらず。一度データを退避してクリーンインストールすればスッキリしそうな気はするんだけど、データが大きすぎて実際にやるとなると厳しい感じがする。

/mbp201612.jpg

パソコン更新の過程で捨てたデータもずいぶんあるけれど、それでもHDDに保存してある写真は5万枚以上、音楽も10GB近くあるし、どうしたら良いのか途方に暮れている、というかあまり考えないようにしている、というのが正直なところ。

最近はデータはクラウドに置いて、本体は小さめのSSDで、オンライン前提で使うのが主流みたい。先日買った格安2in1はまさにそんな感じ。しかしさすがに数百GBのデータをクラウドに置くのは2016年時点では非現実的。自宅の回線は16Mbpsなので、理論速度が出ると仮定しても、500GBのデータをアップロードするのに丸3日もかかってしまうし、そもそもそんな大容量のクラウドを借りたらいくらかかるか…。

と、考え始めると新しいMacBookProに更新するモチベーションがなかなか高まらない。

データの件をひとまず棚上げするとしても、新型MBPは高い。今使っているモデルは、とりあえず安めの機種を買って、メモリやHDDを自分で交換・増設して長く使い続けることができた。それに対して新型はメモリやSSDは交換不可である。となると最初からBTOで増やしておく必要があり、15インチだと34万円、13インチでも29万円とかになってしまう。冗談ではなく中古で車が買える

一応、無料で使えるGoogleフォトにHDD内の写真をアップロードし始めた。5万枚アップロードするのにいったい何日かかるのかわからないけれど…。無料だと非可逆圧縮されてしまうけれど、消えてしまうよりはずっとマシ。

その上でサブ機としてWindowsの格安2in1を買って、無線関係や出先の書き物はこれで対応できるようにした。

こうしておけば突然今のMBPが壊れたとしてもダメージは最小限だろう。今のMBPの老体に鞭打ちながら、後継をどうするかじっくり考えたい。

Delta
タグ:MacBookPro
【パソコン・インターネットの最新記事】
posted by ソウヘイ at 20:59| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年12月04日

年末の買物 格安2in1パソコン

昨年MacBookPro(15" MID2010)の更新を見送ったので,もう丸6年使い続けていることになる。待望の新型MacBookProは気になっているけれど,ドラスティックなインターフェースの刷新(USB-Cのみ)や,その過剰な薄さ(猫が乗っても壊れないかどうか心配),何よりそのコストに尻込みしてなかなか更新できずにいるところだ。更新したらまた5年以上使うとすると,余裕を持ったスペックが必要だし,新型MBPはメモリやSSDの交換・増設ができない設計であることを考えると,30万円もする最高スペックの機種になってしまう。

そんなとき,ツイッターで「ドンキホーテがオリジナルの格安2in1パソコンを出した」との情報が流れてきた。2in1パソコンという呼び方をこのときまで知らなかったのだが,タブレット状の本体とキーボードが分離できるようになっていて,タブレットのような使い方とパソコンのような使い方の両方が1台でできる,ということらしい。

2in1パソコンの相場もピンキリで,国産の上位機種だと10万以上,中国製のもので3万円以下からある。そんな中,ドンキホーテのモデルは通販では扱っていないものの,19800円と破格らしい。スペックはさすがに高級機種と比べられるレベルではないけれど,Windows10 home 64bit,メモリ2GB,ストレージ32GB(eMMC)と,モバイル用途としてはなんとか使えるレベルでは,と思った。

現状アマチュア無線関係のソフトはWindows版ばかりで,Macだけでは困るので,MacにVirtual Boxという仮想化ソフトを入れてそこにWindows10をインストールして使っている。これだとやっぱり不便なこともあるので,2in1でハムログやCTESTWINなど軽いソフトを使ったり,外で書き物をする用途としてドンキの2in1を買ってみることにした。

/donki2in1.jpg

余計なオマケソフトが入っていないのはシンプルで良い。気になったのはキーボードの打ちづらさ。普段MBPを使っているとこの打ちづらさはけっこうきつい。それでもまあ,最低限の用途ならなんとか実用にはなるかな。このブログ記事もカフェに2in1を持って行って書いている。タッチパッドも小さくて使いづらいので,パソコンとして使うならマウスもあった方が快適。

バッテリーのヘタりとか,長期的にみると不安要素満載だけど,まあ2万円で最新OSに対応したパソコンが買えると思えばこれはこれでアリかと思う。

使い勝手についてはまた追々レポートしたい。
タグ:Windows 2in1
posted by ソウヘイ at 16:17| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年11月30日

アマチュア無線(CQ WW DX CWコンテスト2016)

CQ WW DXコンテストのCW部門(規約)への参加は5回目。

コンテストナンバーがゾーンNo(日本は25)だけなので、ビギナーにも参加しやすいDXコンテストと言える。

初日はミラコスタに行っていたので、2日目の朝からワッチを開始。久しぶりにベランダに21MHzのモービルホイップを仮設した。リグはFT-100D。

/APC_0029_w500.jpg

今年はハイバンドのコンディションが悪くて、近場だけでも交信できるかどうか…。と思いつつ、ゾーン03(西海岸)の局が聞こえてきたので呼んでみたら、一発で交信できた。

ただ、そもそも聞こえる局が少なくて、比較的強いのはグアムくらい。あとは北米やロシアも聞こえてもカスカス。

そんな中、ゾーン11(南米)のブラジルが聞こえてきて、1局目は届かなかったけれど、2局目はなんとか拾ってもらえた。コンテスト後にすぐLoTWでコンファームされていた。これだけでも参加した価値はあったかな。

夕方には一瞬だけゾーン15(クロアチア)が聞こえたけれど、カスカスで呼んでもまったく反応なし。コンディションの良いときは、EUの信号がショートパスとロングパスの両方とも聞こえてエコーがかかる、なんて年もあったのに、まったく寂しい限り。

そんな感じで、午前中1時間、午後1時間くらいの短時間で8局と交信。ミスコピーされていそうな局もあったので、減点されるかもしれない。

今年はこれがDX交信納めになると思うけれど,来年はどうなるやら。

/wwcw.jpg

【過去のCQ WW CWコンテストの様子】
2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 21:14| Comment(0) | アマチュア無線

2016年11月27日

週末見た景色 ディズニーシーとホテルミラコスタ2016

恒例のミラコスタは13周年(通算15泊目)になる。例年行く時期が決まっているので,かなり早く部屋を押さえるようにしていたけれど,今年はいろいろあってギリギリまで予定が入れられず。ご存知のようにミラコスタは相変わらず人気で直前では予約がほとんど取れない。

これは今年は記念日前後に行くのは無理かな,と諦めかけたけれど,かんなさんが根気よく空室状況をチェックしてくれて,なんとか取ることができた。

部屋はヴェネツィアンサイドの3F。長らく続いている外壁工事は,目につくところはだいたい終わっており,2017年3月までで完了するそうだ。

日程が金曜日,土曜日の2日間だったことと天気が良かったこともあって,パーク内はかなりの混雑。ということでディズニーシーのアトラクションはゴンドラに1回乗っただけ(40分待ち)。あとはパークを一回り散歩して,ほとんどの時間はミラコスタのテルメ・ヴェネツィア(プール)で過ごした。滞在30時間中,ホテルにいたのが23時間,うち5時間くらいはテルメという感じ。

年々体力がなくなってきて,昨年も悩んだがカメラは今年もかなり悩んだ。EOS 6Dは40mmF2.8のパンケーキレンズ一本でも重いし,コンデジのZR200では画質的に不満がある。ギリギリまで悩んだけれど,古いEOS Kiss X2を引っ張り出してきて,これに40mmF2.8を付けて持って行った。これだけで6Dより200gは軽量化。APS-Cだと画角が64mm相当とちょっと狭いので,サブにコンデジも持って行った。

で,Kiss X2で300枚,ZR200で100枚ほど撮ってきて,EOS 6Dを含めた得意不得意,メリット・デメリットが自分の中でかなり整理されたと思う。

ディズニーシー
EOS Kiss X2 / EF40mm F2.8STM

画質優先ならやはり6Dで,常用ISO12800で暗い場面では強力。Kiss X2は明るい場面なら充分使えるけれど,常用ISO800ではちょっと暗い場面になると厳しい。また画角64mm相当ではポートレートには良いけれど,引きたい時にちょっと困る。コンデジについては,以前も書いたけれど,「とりあえず何か写る,持ち歩く」という意味ではベストなんだけど,やっぱり画質的には一眼には遠く及ばない。

テルメ・ヴェネツィア
CASIO EX-ZR200

それを受けて,次回までには画質重視のコンデジを手当てできれば,と思っている。具体的な機種はまったく調べていない状態で希望スペックを書くと,
・画角は28mm〜80mmの3倍ズーム程度,または35mm単焦点(35mm換算)
・常用ISO12800以上
・センササイズはAPS-Cか,せめて1インチ型以上(ZR200は1/2.3型と今時のスマホ程度)
こんな感じだろうか。実機を触ったわけではないけれど,スペックだけから検索すると,SONYのRX100M2あたりが良さそうかな?



その他の写真(Flickr)
ディズニーシー

【参考記事】
2015年の様子
2014年の様子
2013年の様子
2012年の様子
2011年の様子
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ
posted by ソウヘイ at 18:27| Comment(0) | 写真

2016年11月24日

アマチュア無線(東京UHFコンテスト2016)

東京UHFコンテスト(規約)には意外にも初参加。毎年この祝日はなんだかんだと用事があって出られなかった。

今年はHFがあまりできなかったし,サンバーで移動運用も快適になったので,いつもの奥日立きららの里に移動した。

かんなさんは秋葉原で自分用のパドルとメモリキーヤを調達してきたので、そのテストも兼ねて。

/IMG_3471_w500.JPG

サンバーの荷室で、無線コーナーとカフェコーナーを作り、温かいお茶を飲み、おやつを食べながらコンテストに参加。同じ駐車場に他のローカル局も3人来ていたので、温かいコーヒーを振る舞うことができた。サンバーカフェ、なかなか良い感じ。

/IMG_3476_w500.JPG

設備はいつもの430MHzの8エレ八木に、FT-817でCWのみ。電源はポータブルバッテリー。

東京の局はカスカスだったけれど、埼玉、茨城、福島などが強く聞こえていて、都内は4局、都外は9局と交信できた。Sメーターが振っている局とは問題なく交信できたけれど、カスカスだとさすがに厳しくて、都内局に何度も聞き返されることがあった。

かんなさんのメモリキーヤはGHDのGK509Aで、市販では実質これしか選択肢がない定番品。私がキットで組んだものは、文字間や符号同士の間隔は自動調整されるけれど、このGHDのキーヤはすべて「打ったまま」記録される。符号間隔が短かったり長すぎたりするクセはそのまま出てしまうので、けっこう気を使うと感じた。エレバグモードを使えば縦振れキーの符号でもメモリできるのかな。

/IMG_3473_w500.JPG

エンジンを止めた車内は寒かったけれど,お昼は美味しい牛丼も食べられたし,楽しい祝日を過ごすことができた。
posted by ソウヘイ at 22:06| Comment(0) | アマチュア無線