2017年11月18日

定点観測 ディズニーシーとホテルミラコスタ2017

結婚記念日恒例のミラコスタは14周年(通算16泊目)になる。

今年は14年目にして初めてテラスルームが予約できた。なのでいつものテルメヴェネツィア(プール)ではなく,部屋とサローネデッラミーコ(専用ラウンジ)で過ごす時間を多めに取る方針とした。

ミラコスタ

部屋はヴェネツィアンサイドのテラスルーム(5F)。長らく続いていたミラコスタの外壁補修工事も終わっており,最良のコンディション。テラスがある他は普通の部屋なのかと思っていたら,窓2面分の広さがあり,ちょっとしたスイートっぽくなっている。テラスも広々していて贅沢な気分が味わえた。

ミラコスタ

天気も良く,アトラクションはアクアトピア(15分待ち)とシンドバッド(5分待ち)。ショーはアウトオブシャドーランド(空席あり)と,予約してあったビッグバンドビートを鑑賞。

カメラは一昨年昨年も書いたけれど,ずっと悩み続けていた。今年も新コンデジを決めきれないままEOS6Dを担いで行くことになるかと思ったけれど,直前にかんなさんが背中を押してくれて,ついに決断。SONYのRX100M3を購入。

IMG_4868_w500.JPG

1型センサ,24-70mmf1.8-f2.8相当というツァイスレンズで,ズーム付きコンデジの中ではなかなか良いスペック。パナの4/3型センサのLX100と迷ったけれど,LX100は生産終了モデルで結局店頭で触ることができず,候補から外れた。店頭で最後までM2と迷ったけれど,M2からM3でレンズが変わっているのと,EVFが決め手になってM3に決定。

いろいろと撮ってみて,さすがに1/2.3型センサのZR200よりはずいぶん良く写るという感想。明るいところで撮るなら「一眼並み」と言えなくもないピシっとさで写るかな。苦手なのはやはり暗所。常用ISO12800と数値上はEOS6Dと同等だけど,とても比較できるような性能ではない。ISO1600以上になるとノイズリダクションをかけまくってどうにか見られる画質にしている感じ。ISO12800はとても耐えられる画質ではないので,オートのISO感度は3200に制限して,高感度NRを弱で使った。

あと,24mmf1.8とか,50mmf2.8という数字で,ついフルサイズ一眼レフのボケ具合をイメージしてしまうんだけど,ぜんぜんボケない。ワイド端で被写体に寄ればそれなりにボケるけど,テレ側がぜんぜんボケてくれず,なんだこりゃ,という感じ。例えば下の写真は30mm相当のf2.5だけど,期待としてはもっとボケて欲しかった。

ディズニーシー


それでも肩は凝らないし,迷った時はオートでそこそこ写ってくれるので,旅行用にはこれで充分かな。欲を言えばこのサイズ・軽さでAPC-C型の3倍ズームくらいを期待したい。GRシリーズとかフジのX70が画質的には良いと思うんだけど,広角寄り(28mm相当)の単焦点では旅行のすべてのシチュエーションをカバーするのが少々辛い。これで50mm,せめて40mm相当の単焦点というカメラが5万円くらいで作れないものか。

ところで購入の決め手のひとつになったEVFだけど,結局まったく使わず。ピーカンだったので確かに液晶は見辛いんだけど,メガネをかけたままだとEVFを覗いても隙間から日光が入り込んでしまってよく見えなかった。一眼並みのアイピースでも付ければ良いんだろうけれど,純正の小さなアイピースではまったくダメ。これならEVFなしのM2でも良かったかも。

デジカメの画質がフィルムを超えたと言われて久しいけれど,撮像素子の性能とソフトの力で,絶対的なセンサの大きさと大口径の光学系の優位を覆すのはまだまだ先のことになりそうだ。ディズニーのパーク内でも「ガチ勢」だけでなくちょっとキレイに写真を撮りたいというファン勢も,軒並みフォーサーズ以上のカメラをぶら下げており,コンデジの限界は皆さん承知している様子であった。

その他の写真(Flickr)
ディズニーシー
SONY DSC RX100M3

【参考記事】
2016年の様子
2015年の様子
2014年の様子
2013年の様子
2012年の様子
2011年の様子
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ
posted by ソウヘイ at 22:01| Comment(0) | 写真

2017年11月11日

ミステリ読了 シャーロック・ホームズの冒険

「シャーロック・ホームズの冒険(新訳版)」(C.ドイル)を読了。Kindle版。

正典の3作目で短編形式の1冊目。先の長編2作よりもテンポが良く、読みやすかった。

有名な赤毛組合、まだらの紐あたりは、さすがに有名なだけあって他の作品と比べても光っている感じ。

ここまで通しても、「殺人事件の犯人当て」というスタイルは見当たらず。知っている人には当たり前なのかもしれないけれど、ちょっと意外だった。

【収録作品】
ボヘミアの醜聞
赤毛組合
花婿の正体
ボスコム谷の惨劇
五つのオレンジの種
くちびるのねじれた男
青い柘榴石
まだらの紐
技師の親指
独身の貴族
緑柱石の宝冠
ぶなの木屋敷の怪


posted by ソウヘイ at 21:53| Comment(0) | 読書

2017年11月04日

アコースティックギター弾き語りその後(発表会15回目)

ギターの弾き語りを初めてそろそろ丸9年になる。

いろいろとやることがあって,どうしてもギターは後回しになってしまい,ヘタになる一方。

今年の発表会は,以前練習した「22才の別れ」を弾いてお茶を濁してしまった。

来年は新しい曲も練習してまた夫婦デュオで演奏したいという思いはある。悩ましいのは選曲で,なかなか「これは」と思う曲がない。野に咲く花のようにはけっこう良かったと思うけれど,コードがそこそこ簡単で,自分とかんなさんのキーが合うとか,(練習で何度も歌うので)歌っていて楽しい曲とか,条件がなかなか難しい。

ギター自体はヤマハのFG-730Sという最初に買ったものをピックアップを付けてずっと使っている。特に不満もないので,弦を交換するくらいでランニングコストはほとんどかからない。その点はエラいと思う。


posted by ソウヘイ at 19:46| Comment(0) | 音楽

2017年11月01日

映画鑑賞 世界ネコ歩き劇場版

「岩合光昭の世界ネコ歩き劇場版」を鑑賞。公開一週間後の平日上映で,お客さんは10組ほど。

基本的にはテレビ版と同様の構成で,大画面で可愛いネコたちを楽しむという猫好きのための映画。津軽のコトラ一家のその後はいろいろと込み上げてくるものもあって,涙もろい人にはキビしいかも。

あと,ネズミ好きな方にはショッキングなシーンがあるので見ない方が良いかも。

特典でポストカードと,ネコ飼いさん用にカリカリをお土産に頂いた。





【参考リンク】岩合光昭の世界ネコ歩き劇場版公式サイト
タグ:岩合光昭
posted by ソウヘイ at 20:57| Comment(0) | 映画

2017年10月28日

VWポロその後(バッテリー突然死2回目)

9Nポロは走行8.7万キロ。かんなさんから、バッテリーが上がったみたいだとヘルプ。

こんなときのために、というわけでもないけれど、ポータブルバッテリーがある。ということで、付属のコードを接続して始動できた。

充電するためにしばらく走ろうかと出発したところ、どうも不安定で、警告灯が全点灯して100mほど走ったところでエンジンがストップ。路上で止まってしまった。ハザードも点かないのでかなり焦ったけれど、幸いそれほど交通量のない時間帯だったので事故にはならずに済んだ。

初めて使う三角表示板を出して、かんなさんが後続車を誘導している間に再度ポータブルバッテリで始動を試みるも、ポータブルバッテリーを外すと止まってしまう。

これはダメだ、ということでJAFにロードサービスを要請。40分ほど待たされて、車載車が到着。点検してもらうと、オルタネータの発電電圧は正常だが、バッテリーの充電電流がゼロで、完全に死んでいるみたい。ポータブルバッテリーで一時的に始動できても、バッテリーが機能しないため不安定となり、止まってしまうようだ。

このバッテリーは純正(Excide製)で、2年前にも同様の突然死で交換したもの。全く同じ2年で故障してくれた。わずかに保証期間が過ぎているのも同様。品質管理がよくできているというのかなんというのか…。ディーラーで毎回点検してるんだから,せめて次の点検まではちゃんと動いてほしものだと,ちょっと不信感。

バッテリーの突然死は兆候もないので対策も取れない。ポータブルバッテリーを積んでいてもどうしようもないということが今回よくわかった。

自走できないのでJAFに車載してもらって,自宅まで戻してもらった。近所のスタンドに聞いてみたが輸入車用のバッテリーは置いていないとのこと。

翌日かんなさんが保険会社の無料ロードサービスを頼み、ディーラーまで車載してもらい、バッテリー交換。JAFよりも保険会社の方が提携しているところが多く、5分ほどで来てもらえる。安くない年会費を払っているのだから、JAFはもう少し頑張ってほしいものだ。

純正バッテリー交換と点検は工賃込みで3万円。

ハイブリッドや電気自動車の普及が進んでいるけれど、こういうことがあるので電池はイマイチ信用できないんだよなあ。

IMG_4811_w500.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 16:44| Comment(0) |